2010.08.24

8月27日夏のフェアトレードチョコレートワークショップ

Choconamake04jpg0011
夏休みの宿題にこまっている、そこのひと!(わたしもかつてそうでした。)
稲城市公民館にてカカオからチョコレートをつくりながら、貿易についてチョコっと考えよう。まだ申し込み、あと数組まにあうそうです。昔朝日新聞に『恋も南米の暮らしも応援!』というタイトルで載ったけれど、SlowWatercafeは『宿題も南米の暮らしも応援』します!こちら

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.08.01

ちびパナマ帽、お祭り気分。

Chode
チョルデレ郡で「パナマ帽をかぶったおじさんの酔っぱらいセット」用のチョコレートの丸い箱をつくってもらっている生産者グループに、夏期展開商品として、あたらしく帽子のヘアゴムをつくってもらいはじめました。もらった小さいパナマ帽に自分でゴムをつけて娘の髪の毛をゆわいてみたところ、すてきだったので商品化。子どもだけでなく大人でもかわいいし、腕につけていてもgood。デビューした夏フェスで、大人気でした。

日本には四季があり、商品の売れる時期が限定されたりするので、
夏 サイザル麻バッグ  → 冬 サイザル麻×毛糸のバッグ
冬 チョコレート    → 夏 チョコレートジェラード
夏 レインボーストール → 冬 レインボーマフラー ←これは呼び方を変えるだけ。だって寒いときも熱くても便利だから!
、というふうに、ちょっと工夫をしています。

パナマ帽を編むよりずっと早く作れる(パナマ帽は1から3ヶ月かかるのでお金になるまで時間がかかる)帽子のヘアゴムが、地球の裏側で、お祭り気分を作り出しています。
名付けまして、「パナマ帽をかぶった、むすびちゃん」

Bou43
Swcbou4
Hasu


| | Comments (44) | TrackBack (0)

2010.05.15

明日、フェアトレードフィルムフェスティバル 最終日!

Fff_logothumb


併設のカフェTabelaでインタグコーヒーを出していただいている(エクアドルからカルロスさんもお連れした!)渋谷の映画館uplinkの、フェアトレードの映画祭、明日、最終日のトークに出演します。ぜひフェアトレードを知らない友達をさそって!いかがでしょうか?私も、13時半からの映画もみようとおもっています。

フェアトレードフィルムフェスティバル

5/15(土)
13:30 映画『Garment Girls』
TALK5
藤岡亜美(スローウォーターカフェ)
鈴木隆二(ぐらするーつ)
押野美穂(NOAH'S CAFE)
15:30 映画『女工哀歌』
17:15 映画『未来の食卓』
19:30 映画『おいしいコーヒーの真実』
TALK6
北澤肯(フェアトレードリソースセンター)


| | Comments (193) | TrackBack (0)

2010.04.10

SlowWatercafe今後の予定

5_2

■4月16日(金)築地本願寺の安穏朝市に出店
■4月17日18日アースデイ(地球に生まれてよかった!)
 東京2010 フェアトレードビレッジに出店します。
 18日には、ピースマイルステージのトーク『ローカル化の時代とフェアトレード part.2』13:00〜に出演こちら

4_3


■フェアトレードデイ@丸の内ビルディング People treeのイベントに出店

■有楽町阪急デパート 催事 5月10日より  詳細はのちほど おたのしみにー

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2010.03.02

ホワイトデイ

Wd01
Wd02
サリナス村へのホワイトデーのお返しに、パルシステム会員さんたちと手づくりで太陽光パネルをつくりました。(レポートはのちほど)現在、木糸土3店舗(新宿、蒲田、仙台)で、ホワイトデイ、SlowWatercafeコーヒー&クッキーフェア、開催中です。

| | Comments (17) | TrackBack (0)

2010.02.02

阪急デパート販売スタート!

サリナス村のチョコレート、今年も有楽町阪急デパートで催事に参加中です。

他にも、全国のフェアトレードショップ、木糸土各店、It'sdemo各店、FOB COOP enthese、新宿高島屋、有楽町丸井、などでお取り扱いいただいておりますが、試食ができる(平日5時半以降と土日)のはここと、北のハチドリだけ。阪急には『ナマケモノのチョコレート工場』の阪急限定バージョンは、とくに味自慢のトリュフ、カカオニブ板チョコ、ノアの箱船チョコがセットになっています。売り切れ次第終了です。

2/15には、おいしいとうわさの堂島ロールが入荷するそうです。
Chocohan9


Chocohan92

チョコレボの催事でも、ウインドー正面にSlowWatercafeのチョコレート!
Revo
Revo2


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.01.27

パナマ帽をかぶった酔っぱらいのおじさん:フェアトレードチョコレート

Panama

酔っぱらいのあのひとに送る、ちょっと気の利いたチョコレート。
サリナスの美味しいチョコレートに、エクアドルの銘酒、「青い鳥」というラム酒入り。
楽しい気分で酔っぱらっている、ナマケモノのイラストも添えました。名付けて、
パナマ帽をかぶった酔っぱらいのおじさん

パナマ帽って、エクアドル発祥って知っていましたか?
ちょっと焼きもちやきのエクアドル人、「パナマ帽」という名がついたのは
おかしいと、この帽子の話題が出るたびに、みなが口にします。

パナマ帽は森のなかにあるパハトキーヤという草を使って編みます。
繊維を割けばそのまま糸となり、この糸を帽子の中心から円を描くように編んでゆきます。

Dh000050

Dh000057

農閑期に女性たちが、家事と折り合いをつけながら編みすすめるわけ
ですが、1ヶ月から、非常に細かいもので3ヶ月を要するために、
編み初めてから、それが売れてお金になるまで、非常に時間がかかります。

こうして家々で帽子を編む女性たちから、仲買人が安い価格で買いたたき、
それを、最終的な処理をしてくれる工房にもっていき、市場でそれを売ります。

文化を受け継ぎ、長時間かけて、帽子を編む仕事をしている女性たちの
取り分は、わずか10ドルから30ドル。市場で販売されるパナマ帽の価格は300ドル以上。
そのほとんどを作っている人たちが商品代金の10分の1以下しか得ることができず、
若い人が技術を継承したがらず、途絶えてしまうところも多いのだそうです。
私が訪問した地域では、新しい地域の産業として石油化学工場が計画されていました。

この小さいチョコレートの箱は、パナマ帽を作る途中の家庭で少し編み方を変えれば、
一日に何個も作ることができる、オルタナティブな商品です。
この商品をフェアトレードで紹介することで、パナマ帽を編むひとたちの暮らしや、
技術の継承を助け、いつかはその産業の形に風穴をあけられればよいと思います。

Dh000037

Dh000048

| | Comments (6320) | TrackBack (0)

2010.01.26

コーヒーとカブヤの里インタグより

カブヤやインタグコーヒーのお客様へ、
インタグコーヒーの生産者リーダー、カルロス・ソリージャさんからのgood newsです!

(日本語約 宇野真介さん)
1月19日火曜日、トロント証券取引所でCopper Mesa社の上場廃止が決定
されました。インタグの長い、艱難辛苦に満ちた鉱山開発に対する抵抗運動
にとって、これは重要な勝利です。あまりのことに私自身未だに信じられな
い位です。

なんと言っても、私達がずっと夢見て来た事、実現の為に6年近く取り組ん
できたことですから。多国籍企業を上場廃止に追い込んだ地域社会による抵
抗運動、他の例が思い当たりません。

あなた方に、何らかの形で支援して下さった全ての人に、心から感謝しま
す。(詳しく知りたい方は続きを読むをクリック)

Ccjuni
Capti
Maruamis_2

亜美注釈↑インタグの環境破壊でCopper Mesa社をうったえていた、フニン村のマルシア・ラミレス、マルシアは、確か12人兄弟のお姉ちゃんで、昔、一緒にカフェ・コタカチ(コタカチ郡での国際会議で日本若者とフニン村若者で、インタグコーヒーを出すカフェ)をやったメンバーです。(写真参照!)そのころから、てきぱき動くひとだったけれど、恥ずかしがりやで、あんまり外に出たり人前で話をするタイプではなかったけれど、そのあとエクアドルにいくたびに、環境運動家として有名になっていきました。すごいなあ。

Continue reading "コーヒーとカブヤの里インタグより"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2009.12.30

2/14 フェアトレードチョコ&バナナ イベント

Choconamake03

あぷら×SlowWatercafe @北のハチドリ
「SPICY VALENTINE 2010  愛の貿易 
  こうかんしよう、そうしよう 」

子どもたちの大好きなバナナ、愛を込めたチョコレート、コーヒー、それに砂糖。
どんな実をつけ、誰が収穫し、私たちのもとに届くか知っていますか?
利益を優先する貿易のあり方は、世界中で暮らしや自然を壊してきました。

そんな中、20年間、生産地のフィリピンと日本の双方で、いのちと暮らし、
自然を守るコミュニティを育み、つなぎつづけているバナナがあります。
カカオ生産国には極めて稀な、エクアドルのチョコレート工場から届くチョコは
熱帯雨林も、生産地の暮らしも、私たちのバレンタインも応援してくれます。
     
これまでの貿易をひっくりかえして、そのもうひとつのあり方を探る、
新しい時代のレシピはいかがでしょうか。

2009年2月14日(日) 14時から17時(予定) 定員25人
入場料 1500円(ワンドリンク、ワークショップのカカオバナナや青バナナ付き)
要予約 お申し込み kitanohachidori(アット)bloom.ocn.ne.jp
              03-5948-5277  お名前/ご連絡先/人数

夜はキャンドルナイト営業、みんなでつくったカカオとバナナの森で 
愛の貿易ピンチョス、ATJのエビや、SWcのカカオをつかった絶品おつまみ
オーガニックビール、自然酒などのバータイムをおたのしみいただけます。 

<昼の部>
バランゴンバナナのお話(オルタートレードジャパン/あぷら)吉澤真満子
サリナス村チョコレートのお話(スローウォーターカフェ)藤岡亜美

バナナの追熟ワークショップ
フィリピンの山のなかで育てられたバナナは、緑色のまま船に乗って日本にやってきます。
どうやったら「黄色いバナナ色」に熟すのか、実験してみませんか?
     
カカオ豆からチョコレートづくりワークショップ
発酵したカカオ豆から、カカオバターを使わない、カカオの森アマゾンの伝統的な
ペーストをつくり、世界一おいしいチョコバナナにして試食します。

     親子参加大歓迎 
     特別スイーツもあり!

共催 あぷら SlowWatercafe 北のハチドリ
協力 オルタートレードジャパン ナマケモノ倶楽部  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.12.25

SPICY VALENTINE 2010 Chocolate Tour

Borrachos

SPICY VALENTINE 2010 Chocolate Tour 〜SlowWatercafe〜 
茅ヶ崎(終了)→国分寺→甲府→亀戸→王子..... 

1月9日(土)@cafeslow
スローウォーターカフェのフェアトレードチョコレート
(児童労働や森林伐採につながる従来のカカオ貿易、
 それを超えるカカオ生産地の小さなチョコレート工場のおはなし)
ジャングルチョコレートづくりワークショップ
(発酵したカカオ豆から、カカオバターを使わない、
 カカオの森アマゾンの伝統的なペーストをつくって試食します)

参加費:ワンドリンク、SlowWatercafeのチョコレートバー付き 1000円
申し込み:カフェスロー 
共催  CafeSlow SlowWatercafe 

---------
1/16

SPICY VALENTINE 2010 chocolate tour  〜SlowWatercafe〜
Bar Slow × SlowWatercafe = SlowBeansCafe
      
『本当のチョコレートの話をしよう』
カカオ生産国には極めて稀な、エクアドルのチョコレート工場から届くチョコは
熱帯雨林も、生産地の暮らしも、私たちのバレンタインも応援してくれます。
     
『カカオ豆からチョコレートづくりワークショップ』
エクアドルで育って発酵したオーガニックカカオ豆。焼いたり、むいたり、つぶしたり、
カカオ豆から、どうやってチョコレートになるか。その長い工程を体験します。
     
『大事な大豆の話をしよう』
大豆レボリューションを展開するトージバの渡邉尚さん。 
その活動のきっかけともなった、BarSlowの野菜のつくり手、畑山貴宏さんと、
日本の農、新しいライフスタイルについて語り合います。
     
2010年1月16日(土) 12時開場 13時30分開始 17時30分終了予定

共催  Bar Slow /SlowWatercafe 
定員  20名
参加費 予約1000円/当日1200円(ワークショップ代込)
申し込み Bar Slow
     
当日限定メニューもあり!

--------------

SPICY VALENTINE 2010 chocolate tour  〜SlowWatercafe〜
2月11日(祝)

亀戸のSlowWatercafeが、一日限定チョコレートショップに!

------------------------------------------
場所
 〒136-0071 東京都江東区亀戸1-18-14-102
 TEL・FAX 03-5626-4194
 http://www.slowwatercafe.com
-------------------------------------------

--------------
2/14

あぷら×SlowWatercafe @北のハチドリ
「SPICY VALENTINE 2010  愛の貿易 
  こうかんしよう、そうしよう 」

子どもたちの大好きなバナナ、愛を込めたチョコレート、コーヒー、それに砂糖。
どんな実をつけ、誰が収穫し、私たちのもとに届くか知っていますか?
利益を優先する貿易のあり方は、世界中で暮らしや自然を壊してきました。

そんな中、20年間、生産地のフィリピンと日本の双方で、いのちと暮らし、
自然を守るコミュニティを育み、つなぎつづけているバナナがあります。
カカオ生産国には極めて稀な、エクアドルのチョコレート工場から届くチョコは
熱帯雨林も、生産地の暮らしも、私たちのバレンタインも応援してくれます。
     
これまでの貿易をひっくりかえして、そのもうひとつのあり方を探る、
新しい時代のレシピはいかがでしょうか。

2009年2月14日(日) 14時から17時(予定) 定員25人
入場料 1500円(ワンドリンク、ワークショップのカカオバナナや青バナナ付き)

夜はキャンドルナイト営業、みんなでつくったカカオとバナナの森で 
愛の貿易ピンチョス、ATJのエビや、SWcのカカオをつかった絶品おつまみ
オーガニックビール、自然酒などのバータイムをおたのしみいただけます。 

<昼の部>
バランゴンバナナのお話(オルタートレードジャパン/あぷら)吉澤真満子
サリナス村チョコレートのお話(スローウォーターカフェ)藤岡亜美

バナナの追熟ワークショップ
フィリピンの山のなかで育てられたバナナは、緑色のまま船に乗って日本にやってきます。
どうやったら「黄色いバナナ色」に熟すのか、実験してみませんか?
     
カカオ豆からチョコレートづくりワークショップ
発酵したカカオ豆から、カカオバターを使わない、カカオの森アマゾンの伝統的な
ペーストをつくり、世界一おいしいチョコバナナにして試食します。

要予約 お申し込み kitanohachidori(アット)bloom.ocn.ne.jp
              03-5948-5277  お名前/ご連絡先/人数

     親子参加大歓迎 
     特別スイーツもあり!

共催 あぷら SlowWatercafe 北のハチドリ
協力 オルタートレードジャパン ナマケモノ倶楽部  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧