« FMヨコハマでチョコレートトーク! | Main | 年末年始 »

2010.12.23

絵本 しあわせ

23627065
フェアトレードの本ができました!著者である辻信一さんが、中村隆市さんとブラジルのコーヒー生産者カルロスさんとのつながりを描いた物語。
主人公のまやちゃんくらいの年の頃は、いつもそうだったような、ゆっくり世界と対話してるような時間。つながりを大事にしてるときにだけ流れる、神話的な時間が、本のなかに詰まっています。
わたしたちはみんな、しあわせのつながり、物語を一緒に生きてるんだ、と私はコーヒーのんだときみたいに、ぽっとしました。明日の出版記念イベントでは、ナビゲーターを担当します!辻さん、中村さん、絵を書いた森さんだけでなく、

フェアトレードの仲卸で業界をひっぱるお兄さん的な存在の、ぐらするーつの鈴木隆二さんや、オルタートレードジャパンが世代交代したAPLAの吉澤真満子さん、ウインドファームの物語の語り部矢野宏和さん、PARASOLとトランジションタウンの加藤しゅんじさん、フェアトレードを立ち上げたり、応援している大学生たち、東経大の渡辺先生、などフェアトレードに関わる様々な人たちと一緒に。

詳細は以下でーす。

一杯のコーヒー
そこにはたくさんの人の思いがこめられていた。
南米へ旅したマヤは
「しあわせコーヒー」の秘密を知る

--------------------------------------------------
ブラジル・カルロスさんの有機コーヒーが絵本になりました!その出版を祝してトークイベントを開催します。

著者である文化人類学者の辻信一さん、絵を描かれた北海道を拠点に活動する漫画家の森雅之さんに、この絵本への想いや、誕生秘話などたっぷり語って頂きます。

後半では、物語のモデルとなった九州を拠点に活動する有機コーヒー・フェアトレードの草分け「ウィンドファーム」の中村隆市さんにもご登場頂き、この絵本の続きを考えます。

OrazNoaさんによるアコースティックライブ、さらには、数組のプレゼ ンターもお招きして、『しあわせ』と自分の好きなフェアトレードの商 品や、絵本になりそうなご自身で行っているプロジェクトについて語っていただきます。

ナビゲーターには、フェアトレード界の若きリーダー藤岡亜美さん!

キャンドルナイト冬至のこの季節。
ほっこりあたたかな蜜蝋キャンドルを灯して、つくり手と使い手、お互いのしあわせというモノサシを語り合う”ナマケモノ流フェアトレード”の展開に、耳を傾けませんか。

--------------------------------------------------
【同時開催の関連イベント】
●『Happy Coffee Time』コーヒー豆、おすすめ道具、本の催事開催中!こちらから
●手仕事ワークショプ『コーヒー手焙煎』
  自分で煎って挽いて淹れて飲む こちらから!
●原画展『考える絵本7 しあわせ』森雅之同時開催中!こちら(準備中)から!
  会期:2010年12月22日〜27日(11:30〜)
--------------------------------------------------

■日 時:12月23日(木・祝)開場:17:00 開演:17:30
■料 金:予約¥1300/当日¥1500/学生¥1000 (共に1ドリンク付)

■ゲスト:
 辻信一(文化人類学者、環境運動家)
 森雅之(画家)
 中村隆市(ウィンドファーム代表)

■音 楽:OrazNoa(オラノア)/ギター・唄
■「しあわせ」プレゼンター/PARASOL加藤しゅんじさん、ウインドファーム矢野宏和さん、APLA吉澤真満子さん、ぐらするーつ鈴木隆二さん、東京経済大学渡辺龍也さん、堀さん、宮本さん、一橋大学ラポンテの皆さん、津田塾大学chicas unidasの皆さん

■ナビゲーター 
 藤岡亜美(ナマケモノ倶楽部共同代表/スローウォーターカフェ代表)

■予約申込み
・メール申込みフォーム
※メールでのお申込は、対応の都合上、ご希望イベント開催前日の19:00までとさせて頂きます。ご了承下さい。

・電話…tel: 042-401-8505(火曜定休)
※下記項目をお知らせください。
-参加希望日とイベント名 
-お名前(申込代表者)
-申込人数
-連絡先電話番号

■出演者プロフィール
・辻信一

文化人類学者。環境運動家。明治学院大学教員。1999年NGO「ナマケモノ倶楽部」を設立、以来そキーワードにそのリーダーとして「スロー」を環境・文化運動を展開する。「100万人のキャンドルナイト」よびかけ人代表。主な著書に『ハチドリのひとしずく−いま、私にできること』(光文社)、『スロー・イズ・ビューティフル』(平凡社)、『「ゆっくり」でいいんだよ』(ちくまプリマー新書)など。その他、「ゆっくりノートブック」シリーズ(大槻h素点、現在まで7巻)を刊行中。

・森雅之
北海道を拠点に活動する漫画家。1957年生まれ。

・中村隆市

1955年福岡生まれ。(株)ウィンドファーム代表。ゆっくり堂代表。ナマケモノ 倶楽部・世話人。六ヶ所あしたの森・共同代表。スロービジネススクール校長。 19歳で水俣病と出会い、松下竜一さんとの出会いから環境運動に関わり始める。 23歳で農村に移住。無農薬で米と野菜をつくり、鶏を飼いながら有機農業の普及 活動に取り組む。86年チェルノブイリ原発事故による放射能汚染食品が途上国に まわされたと知り「途上国の子どもたちが気になり始めた」。それがキッカケと なり、中南米やアジアの農民と提携して有機コーヒーと紅茶の産直運動(フェア トレード)を始める。 90年からチェルノブイリ原発事故被害者の医療支援を続けている。98年からは、 南米各地で有機コーヒーのフェアトレードについて講演。2000年、ブラジルの 環境都市クリチバにブラジル初のオーガニックカフェ「テーハベルジ」を開店。 04年ブラジル・マッシャード市から有機農業とフェアトレードを普及した功績 により名誉市民章を受章。同年「いのちを大切にする仕事」スロービジネスを 学ぶスクールを設立。06年、福岡県田川郡にエコヴィレッジ「ゆっくり村」を つくり始め「買う豊かさ」から「つくる豊かさ」への移行を楽しみながら進め ている。『考える絵本 しあわせ』(大月書店)のモデルでもある。
★中村隆市オフィシャルブログ「風の便り」


・藤岡亜美

1979年東京生まれ。環境=文化NGOナマケモノ倶楽部共同代表、学生時代、バックパックで通った南米エクアドルでコーヒーやサイザル麻製品の生産者と共に活動をはじめ、ETIC主催の日本初の社会起業家コンペ「STYLE2002」で優秀賞・感動賞を獲得。23歳でエクアドルとのフェアトレードを展開するスローウォーターカフェ有限会社を設立。同国の農村、山村の人びとと、食品や雑貨などを共同企画、輸入、卸売を展開。作り手を日本に招聘するなどして、エクアドルの鉱山反対運動、森林保護に取り組む。とくに、カカオ生産国でチョコレートをつくるサリナス村でのプロジェクトは朝日新聞一面トップに掲載されるなど、フェアトレード運動を盛り上げる。自宅出産でうまれた2児の母。パートナーは『大豆レボリューション』をひろめる都市農村交流のNPOトージバの渡邉尚。

共著に『日本のフェアトレード』(明石書店/今春出版)『エクアドルを知るための60章』(明石書店)『グローバル化に対抗するアマゾンの先住民族』(現代企画室)『9をまく』(大月書店)など。

会社サイト http://www.slowwatercafe.com
団体サイト http://www.sloth.gr.jp
ブログ http://slowwater.cocolog-nifty.com/hummingbird/


■共 催:環境文化NGOナマケモノ倶楽部
      スローウォーターカフェ、カフェスロー、スロー、
      ウィンドファーム、ゆっくり堂

|

« FMヨコハマでチョコレートトーク! | Main | 年末年始 »

Comments

Hello to every one, for the reason that I am really eager of reading this blog's post to be updated daily. It consists of pleasant information.

Posted by: custom tee | 2015.09.18 at 10:48 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77350/50372337

Listed below are links to weblogs that reference 絵本 しあわせ:

« FMヨコハマでチョコレートトーク! | Main | 年末年始 »