« September 2010 | Main | November 2010 »

October 2010

2010.10.28

サリナス村から届いたよ。

Jorge
くしゃっという笑顔が素敵な、大好きなホルヘ。いつも、一緒に新商品を試作したり、車でカカオの生産地に訪問したり。(その昔は、日本向けの冷凍ブロッコリー工場で出稼ぎしてました。)今年のカカオのレポートも、もうすぐ翻訳してお届けします!
Dsc00587
村は、崩れているところも多いけれど、石畳です。その上を、ロバやリャマをひいて。
Dsc00569
高地で空気が薄い上に坂が急で息が切れる(チョコ工場からニット工房まで歩くのがやっと!)うえに、気候は厳しく、日照時間も少ないです。夕方は日が落ちるのが早いので、朝はやく仕事して夜は早めに帰って暖炉の前へ。
Dsc00509
Dsc00524
届いた美味しいオーガニックカカオをペーストにして、そしてカカオバターとあわせ、流し込んでいきます。最後の一包みまで心をこめて!
Amisali
Noahami
私もたまにはつくりまーす!(試作とか)。手際が違うけれど。

Codosali
R0012524

子どもは村が育ててくれます!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2010.10.21

チョコレート到着!

大変お待たせしました。今シーズンも、やっと涼しくなったこのタイミングでチョコレートが到着。予約をいただいているお店から随時発送作業を行っております。(個人向けにも来週くらいから販売再開!)サリナス村の小さなチョコレート工場から届くまでのドタバタストーリーも、チョコと一緒に追々お届けしたいと思います。もうしばらくお待ちください。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2010.10.13

土と平和の祭典2010

土と平和の祭典は、音楽はもちろん、芝生にバンブーピラミッドがあったり、農家が沢山来たり、大人も遊んじゃえる気持ちのよい素敵空間。
Tsuchitoheiwa

スローウォーターカフェは、ナマケモノ倶楽部や9パン屋さんなどと一緒に、(今年は、フェアトレードビレッジではなく、)『暮らしのたねまき』エリアに出店してます。こちら
14:30〜15:30「暮らしの種まきエリア」ゆっくり話せるござスペースで、エクアドル、フェアトレードのトークあり!
 ・アンニャライト:環境シンガーソングライター・ナマケモノ倶楽部共同代表
 ・藤岡亜美:スローウォーターカフェ(有)代表・ナマケモノ倶楽部共同代表
通訳:馬場直子(アンニャとは、あ、うんの呼吸) 進行:渡邉由里佳(スローツーリズム)主催:ナマケモノ倶楽部

セヴァン・スズキさんは参加できなくなってしまったのですが、日本のママやパパ友をあつめ、セヴァンの寄せてくれたメッセージを元にスローマザーについて語り合う、大注目のステージもあります。
(ナマクラでおなじみの高橋昴くん、お友だちの小野寺愛ちゃん、実行委員長のYaeさんに、このステージの総合司会の渡邉尚と一緒に色々聞いていきます。)@平和ステージ
こちらは12時から12:40。ランチを混雑前に確保して、是非聞きにきてください!
こちら

おっとその前に、友だちのまやちゃんのライブもあります。11時半から!夏は海の家でバナナボートの唄をうたってました。その声を聞いたらみんなはっとして集まってくること間違いなしの、素敵な歌手です。こちら@平和ステージ

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2010.10.11

ヤスニ計画の前にインタグ開発撤回を。

Corea_with_sloth_2
「コロンブスは、世界で最初の経済学者ですよ。自分がどこにいくかわからず、そのあとも自分がどこに行ったのかもわからず、で、その経費は全部、国家持ちだった」といったのは、先日、来日していたコレア大統領。

直接お話する機会にも恵まれ、「鉱山開発は許可しないから大丈夫」といっていたにも関わらず、コーヒーやカブヤの生産地、インタグでの開発に政府として取り組む方針が発表されました。そのコレア大統領へのお手紙、翻訳中。(日本語と英語は以下に)

Continue reading "ヤスニ計画の前にインタグ開発撤回を。"

| | Comments (17) | TrackBack (0)

2010.10.10

タグア、ベジタブルアイボリー、象牙椰子の実

*昨年度まで融資を受けていた、apbankに提出している活動レポート。
Swc_tagua0
Swctagua01
Swc_tagua02
エクアドルの熱帯雨林に自生する、タグア、学名はアメリカ象牙椰子。在来種の植物で、葉っぱは屋根材につかわれます。実は、樹になっているときはやわらかく香しい実で、動物が食べたりもします。地面に落ちて時間が経つと、胚乳の部分が固くなり、乳白色で硬質のその実は、象牙そっくり。使い続けるうちにつやが出て、飴色に変化します。削りカスは土に還るし、豚の餌にもなる。つまり製品を作る工程で産業廃棄物が出ません。油で揚げ茶色く変色してつかうこともできます。

乱開発から熱帯雨林を守りながらの持続可能な産業であるだけでなく、石油(プラスティック)や象牙にかわる、エコ素材として注目されています。

Taguaws1

SlowWatercafeでは、このタグアのプロジェクトにapbankの融資を受け、これまで5年以上定期的に生産を続けている、タグア商品だけでなく、このタグアの実を使い熱帯雨林の住民たちと組んだ『タグア指輪づくりワークショップ』を企画しました。これまでに数百人が参加し、apbankfesでも、人気のワークショップになりました(fes会場では、タグアの手づくり指輪を手に結婚式をしてたカップルも!)
Photo_101

今期は、ロングセラーの商品に加え、日用品(コモディティーズ)ボタンなどの暮らしに必要なものと、はっとするようなアクセサリーの、2つのラインを意識して商品をご提案します。ボタンについては、Leeと小林武史さんのプロジェクトのように、アパレルメーカーなどと組んだ取り組みを展開してゆきたいと思っております。興味のある方はSlowWatercafeまでお問い合わせください。

Taguawhite_2


Taguaconmcolor_3


Taguapop_2


Taguafrags_2

Namatagu_2


Bola


| | Comments (96) | TrackBack (0)

2010.10.09

アンニャ・ライトと『しんしんとディープエコロジー』

20346203_2
Uma

Continue reading "アンニャ・ライトと『しんしんとディープエコロジー』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2010 | Main | November 2010 »