« November 2009 | Main | January 2010 »

December 2009

2009.12.30

2/14 フェアトレードチョコ&バナナ イベント

Choconamake03

あぷら×SlowWatercafe @北のハチドリ
「SPICY VALENTINE 2010  愛の貿易 
  こうかんしよう、そうしよう 」

子どもたちの大好きなバナナ、愛を込めたチョコレート、コーヒー、それに砂糖。
どんな実をつけ、誰が収穫し、私たちのもとに届くか知っていますか?
利益を優先する貿易のあり方は、世界中で暮らしや自然を壊してきました。

そんな中、20年間、生産地のフィリピンと日本の双方で、いのちと暮らし、
自然を守るコミュニティを育み、つなぎつづけているバナナがあります。
カカオ生産国には極めて稀な、エクアドルのチョコレート工場から届くチョコは
熱帯雨林も、生産地の暮らしも、私たちのバレンタインも応援してくれます。
     
これまでの貿易をひっくりかえして、そのもうひとつのあり方を探る、
新しい時代のレシピはいかがでしょうか。

2009年2月14日(日) 14時から17時(予定) 定員25人
入場料 1500円(ワンドリンク、ワークショップのカカオバナナや青バナナ付き)
要予約 お申し込み kitanohachidori(アット)bloom.ocn.ne.jp
              03-5948-5277  お名前/ご連絡先/人数

夜はキャンドルナイト営業、みんなでつくったカカオとバナナの森で 
愛の貿易ピンチョス、ATJのエビや、SWcのカカオをつかった絶品おつまみ
オーガニックビール、自然酒などのバータイムをおたのしみいただけます。 

<昼の部>
バランゴンバナナのお話(オルタートレードジャパン/あぷら)吉澤真満子
サリナス村チョコレートのお話(スローウォーターカフェ)藤岡亜美

バナナの追熟ワークショップ
フィリピンの山のなかで育てられたバナナは、緑色のまま船に乗って日本にやってきます。
どうやったら「黄色いバナナ色」に熟すのか、実験してみませんか?
     
カカオ豆からチョコレートづくりワークショップ
発酵したカカオ豆から、カカオバターを使わない、カカオの森アマゾンの伝統的な
ペーストをつくり、世界一おいしいチョコバナナにして試食します。

     親子参加大歓迎 
     特別スイーツもあり!

共催 あぷら SlowWatercafe 北のハチドリ
協力 オルタートレードジャパン ナマケモノ倶楽部  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.12.25

SPICY VALENTINE 2010 Chocolate Tour

Borrachos

SPICY VALENTINE 2010 Chocolate Tour 〜SlowWatercafe〜 
茅ヶ崎(終了)→国分寺→甲府→亀戸→王子..... 

1月9日(土)@cafeslow
スローウォーターカフェのフェアトレードチョコレート
(児童労働や森林伐採につながる従来のカカオ貿易、
 それを超えるカカオ生産地の小さなチョコレート工場のおはなし)
ジャングルチョコレートづくりワークショップ
(発酵したカカオ豆から、カカオバターを使わない、
 カカオの森アマゾンの伝統的なペーストをつくって試食します)

参加費:ワンドリンク、SlowWatercafeのチョコレートバー付き 1000円
申し込み:カフェスロー 
共催  CafeSlow SlowWatercafe 

---------
1/16

SPICY VALENTINE 2010 chocolate tour  〜SlowWatercafe〜
Bar Slow × SlowWatercafe = SlowBeansCafe
      
『本当のチョコレートの話をしよう』
カカオ生産国には極めて稀な、エクアドルのチョコレート工場から届くチョコは
熱帯雨林も、生産地の暮らしも、私たちのバレンタインも応援してくれます。
     
『カカオ豆からチョコレートづくりワークショップ』
エクアドルで育って発酵したオーガニックカカオ豆。焼いたり、むいたり、つぶしたり、
カカオ豆から、どうやってチョコレートになるか。その長い工程を体験します。
     
『大事な大豆の話をしよう』
大豆レボリューションを展開するトージバの渡邉尚さん。 
その活動のきっかけともなった、BarSlowの野菜のつくり手、畑山貴宏さんと、
日本の農、新しいライフスタイルについて語り合います。
     
2010年1月16日(土) 12時開場 13時30分開始 17時30分終了予定

共催  Bar Slow /SlowWatercafe 
定員  20名
参加費 予約1000円/当日1200円(ワークショップ代込)
申し込み Bar Slow
     
当日限定メニューもあり!

--------------

SPICY VALENTINE 2010 chocolate tour  〜SlowWatercafe〜
2月11日(祝)

亀戸のSlowWatercafeが、一日限定チョコレートショップに!

------------------------------------------
場所
 〒136-0071 東京都江東区亀戸1-18-14-102
 TEL・FAX 03-5626-4194
 http://www.slowwatercafe.com
-------------------------------------------

--------------
2/14

あぷら×SlowWatercafe @北のハチドリ
「SPICY VALENTINE 2010  愛の貿易 
  こうかんしよう、そうしよう 」

子どもたちの大好きなバナナ、愛を込めたチョコレート、コーヒー、それに砂糖。
どんな実をつけ、誰が収穫し、私たちのもとに届くか知っていますか?
利益を優先する貿易のあり方は、世界中で暮らしや自然を壊してきました。

そんな中、20年間、生産地のフィリピンと日本の双方で、いのちと暮らし、
自然を守るコミュニティを育み、つなぎつづけているバナナがあります。
カカオ生産国には極めて稀な、エクアドルのチョコレート工場から届くチョコは
熱帯雨林も、生産地の暮らしも、私たちのバレンタインも応援してくれます。
     
これまでの貿易をひっくりかえして、そのもうひとつのあり方を探る、
新しい時代のレシピはいかがでしょうか。

2009年2月14日(日) 14時から17時(予定) 定員25人
入場料 1500円(ワンドリンク、ワークショップのカカオバナナや青バナナ付き)

夜はキャンドルナイト営業、みんなでつくったカカオとバナナの森で 
愛の貿易ピンチョス、ATJのエビや、SWcのカカオをつかった絶品おつまみ
オーガニックビール、自然酒などのバータイムをおたのしみいただけます。 

<昼の部>
バランゴンバナナのお話(オルタートレードジャパン/あぷら)吉澤真満子
サリナス村チョコレートのお話(スローウォーターカフェ)藤岡亜美

バナナの追熟ワークショップ
フィリピンの山のなかで育てられたバナナは、緑色のまま船に乗って日本にやってきます。
どうやったら「黄色いバナナ色」に熟すのか、実験してみませんか?
     
カカオ豆からチョコレートづくりワークショップ
発酵したカカオ豆から、カカオバターを使わない、カカオの森アマゾンの伝統的な
ペーストをつくり、世界一おいしいチョコバナナにして試食します。

要予約 お申し込み kitanohachidori(アット)bloom.ocn.ne.jp
              03-5948-5277  お名前/ご連絡先/人数

     親子参加大歓迎 
     特別スイーツもあり!

共催 あぷら SlowWatercafe 北のハチドリ
協力 オルタートレードジャパン ナマケモノ倶楽部  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.12.21

スローメディスン

Hachireme
ナマケモノ倶楽部の理事会で枯れた変な声でしゃべっていると、辻信一さんがくれた喉の薬。美味しくってよく効くスローメディスン。そのままだと若干あやしいので?、ホメオパシーのレメディーと一緒に、ハチチョコの袋に入れてもちあるいています。ハチチョコ

スローメディスン、今よんでます。面白いです。
0210020000072_2

| | Comments (7) | TrackBack (0)

2009.12.13

しずく型チョコレート/トリュフチョコレート

Set2
Zhisuku

2010年デビューのチョコレートセットができました!ひとつは、『ナマケモノのチョコレート工場』トリュフチョコレート6粒入り。もうひとつは『カカオの森のハチドリ』トリュフ入りしずく型チョコレート6粒入りです。

トリュフはサリナスの工房と出会ったときから一番おいしい!と個人的お気に入りだったのですが、使用されていたエクアドルのマーガリンにソルビン酸が含まれており輸入はできずにいました。今年から日本向けにオーガニックバターで生産をしたものを企画し製品化。そのトリュフをビターチョコにくるんだしずく型も、一昨年の出張から型の導入を準備しました(なんでもやけに時間がかかるのがエクアドル)。

楕円形のトリュフと、それが中に入ったしずく型のビターチョコ、2つの味を、「カカオ生産国の小さなチョコレート工場」「森林農法のカカオ」という、作られた場所を思い浮かべたくなるような、パッケージにこめました。(やわらかいので箱が必要。どうせ作るならこういうの!)その全貌は、近日公開!


Shizuku1
Shizuku0

ーおまけーわたしのおすすめ雫体験
雨上がり(次の日くらいがいい)に大木に抱きついて、上をみあげてしばらくなんにもしない。ゆっくりと、しずくが木をはなれ、一粒ずつ、大木の幹をこちらへと近づいてきます。あ、しずく、ときがついて、落ちてくるまでの瞬間の意外な長さ。きらきらひかりながら、だんだんと大きくなって、うっとりしているおでこ(もしくは背中の赤ちゃん?)にピシャっ。いつも人間の時間とはちょっと違う、水や、空気や、樹の時間につかのま入ることのできる素敵体験です。はまりそう。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

ソトコト表紙に登場!

Ed09bag

ソトコト最新号(2010年1月号)グリーンショッパーズガイド(エコ・オーガニック・フェアトレードなお買い物!)の表紙(!!)&誌面に、Slowwatercafeのカブヤ(サイザル麻)舟型バッグがのっています。(フェアトレーダー田中みのりさん、ありがとうございます。)

Newnewestmag

| | Comments (7) | TrackBack (0)

2009.12.10

エコプロダクツにチョコっと居ます。ボーボー。(ふくチョコ)

Rikkyo1
Rikkyo2
Rikkyo3
ビッグサイトのエコプロダクツ展。今年、SlowWatercafeは出店していません。が、エクアドルの森から、フクロウが迷いこんでいます。ボーボー。
立教大学のサークル「フェアトレードパートナー」のメンバーの依頼で企画した、サリナス村のチョコレート&ニット袋(チョコ工場と同じ村の女性たち作)の新顔『ふくチョコ』です。タグのデザインもさせていただきました。チョコレボブースで好評展開中。
ロングセラーのニット袋入りチョコレートシリーズ(アヒチョコ/ハチチョコ)、今日も数百匹、数百本(アヒチョコをダンボールに詰めるのはちょっと八百屋さん気分)が飛び立ってゆきました。バレンタインシーズンの予約も着々と入っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.12.09

スローライフのために『しないこと』&ゆっくりノートブックシリーズ『スローメディスン まるまる治るホリスティック医療』

Yukkuri6
Shinai
スローライフのために『しないこと』&ゆっくりノートブックシリーズ『スローメディスン まるまる治るホリスティック医療』入荷しました!お買い物はこちら

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2009.12.08

Mellowなコーヒー

Mellow
雑誌『一個人』の女性版『Mellow』11月号はコーヒー特集『世界で一番おいしいカフェ、コーヒー』特集で弊社の インタグコーヒー、aguaコーヒーをご紹介いただきました!注文を受けてから小さな焙煎機で煎ってお届けしています。特集に紹介されていたラテアートも北のハチドリ
で体験できます。Coffee
Coffee1

Continue reading "Mellowなコーヒー"

| | Comments (1) | TrackBack (1)

2009.12.02

フェアトレードチョコレートのお話会 その1

Chocoline

今年のSPICY VALENTINEキャンペーンは12月からスタートするChocolate Tour!、サリナス村のユニフォームを着て、カカオ豆をもって、カカオが育つ森のお話、小さな村のチョコレート工場のお話、フェアトレードのお話をしに、あちらの街、こちらの街へと出かけます。(小さな女の子とカンガルーも一緒かも?!)一緒にチョコレートを作りながら、ちょこっと世界を変えてゆきましょう。
(Tourの行き先について調整中。チョコレートお取り扱い店舗のみなさま、是非ご相談ください。)

<2010 Spicy Valentine Chocolate Tour #001 @茅ヶ崎フェアトレードショップ あぱあぱ>
カカオ生産国でチョコレートをつくるサリナス村と、スローウォーターカフェのフェアトレード

茅ヶ崎の地域でネパールの農村とのフェアトレードを準備している市民グループの勉強会です。

☆藤岡亜美さんの講演会「フェアトレードをチョコっと知ろう!」

*日時 12月5日 1時開場、1時半開演
*場所 レンタルルーム 、ベルフルール(あぱあぱ2階)
*参加費 500円(ワークショップ実費)
主催:ネパールと茅ヶ崎の架け橋をつくる会

フェアトレードショップ あぱあぱ
神奈川県茅ケ崎市旭が丘6-30(桜道の旭が丘の交差点を、海側に曲がり右手50mほど)
TEL・FAX 0467-85-9808 http://apaapa.net/001_ntroduction/

| | Comments (5) | TrackBack (0)

« November 2009 | Main | January 2010 »