« 2月11日 SPICY VALENTINE ワークショップ | Main | フェアトレードなバレンタイン間近! »

2009.02.05

エクアドル産蜜蝋のチョコレートキャンドル(akarizm×SlowWatercafe)

Chocomany
Chocohako
Chocotsutsumi

阪急デパートでは、とくにハチチョコが人気の様子。昨日丸の内のトークイベント前に、新スタッフ松林さんと追加納品に行ったら、まわりの他のチョコの販売のお姉さんまで待っていてくれた様子で、嬉しい反響です。さて、このハチの集める花粉ポーレンと同じ、エクアドルの養蜂家集団から仕入れた蜜蝋で、キャンドル作家の加藤千夏さんがチョコレートキャンドルを作ってくれました!SWcも一緒に企画した、蜜蝋の自然の色をパッチワークした(アボガドとか、ミモザとか、花の種類によって蜜色が違う)キュービックキャンドルは、エクアドル色の赤青黄の紙でラッピング。さすがのセンスです。明日の午後からお店にならぶ予定です。akarizmのサイトはこちら

|

« 2月11日 SPICY VALENTINE ワークショップ | Main | フェアトレードなバレンタイン間近! »

Comments

いま、キャンドルをじっくり見せてもらったのですが、エクアドルキービックキャンドル、なんというか、「民芸の趣」です。アンデスってパッチワークのように、いろんな緑の畑が山の斜面にひろがっているのですが、このとれる花の種類によって違う蜜蝋の色の違いも、微妙で、繊細。美しい!!

同じ蜜蝋シートを使い、2月22日の越谷のレイクタウンで親子対象の手作りワークショップを開催します。詳細はおってご連絡します!

Posted by: あみ | 2009.02.06 at 11:59 AM

いま、キャンドルをじっくり見せてもらったのですが、エクアドルキービックキャンドル、なんというか、「民芸の趣」です。アンデスってパッチワークのように、いろんな緑の畑が山の斜面にひろがっているのですが、このとれる花の種類によって違う蜜蝋の色の違いも、微妙で、繊細。美しい!!

同じ蜜蝋シートを使い、2月22日の越谷のレイクタウンで親子対象の手作りワークショップを開催します。詳細はおってご連絡します!

Posted by: あみ | 2009.02.06 at 12:00 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77350/43963416

Listed below are links to weblogs that reference エクアドル産蜜蝋のチョコレートキャンドル(akarizm×SlowWatercafe):

« 2月11日 SPICY VALENTINE ワークショップ | Main | フェアトレードなバレンタイン間近! »