« イベント出店情報 | Main | カブヤ編み新作 »

2008.05.22

おいしいコーヒーの真実 カルロス・ソリージャ写真展を主催! 

インタグコーヒーが飲めるカフェTabelaもあるuplinkで、『おいしいコーヒーの真実』に合わせて、カルロス・ソリージャ氏の写真展が開始!コーヒーが守った、はっとするような森の宝物の写真の数々に見とれてしまいます。古材でひとつひとつ違うサイズの額を手作りしました。この展示は、カルロスさんと相談してエクアドル、コタカチ郡にも巡回の予定!映画と一緒に、是非みにいってください。インタグコーヒーをはじめとしてSWc商品も購入可能です!6月10日にはカルロス本人によるイベントあり!

Dsc_0288thumb

カルロス・ソリージャ写真展『コーヒーが森を守った!』   

5月21日(水)から6月2日(月) @渋谷アップリンク ギャラリー 渋谷区宇田川町37-18トツネビル1F

南米エクアドル。コタカチ・カヤパス生態系保護区*。
太平洋から重く湿った雲が、アンデスの脈を下降し、濃い霧をかける。
アマゾンの源流域でもある、ここアンデス山脈の東側には、
雲霧林とよばれる特別な森が広がっている。

森の地下にねむる鉱物資源を掘り起こそうと、先進国による開発の話が
あとをたたないこの地域で、森に寄り添い暮らすことを選んだ、カルロス・ソリージャとその家族。
彼の提言した森林栽培のインタグコーヒー*は、フェアトレードで日本に届けられ、
350以上の家族の暮らしと、インタグの森を守っている。パートナーのサンディーが提言した
サイザル麻カブヤ編みは、60人以上の女性とその家族の家計を支えている。

2007年10月、5年間も居座った、鉱山会社が撤退。
辛抱強い反対運動のさなかには、カルロスや仲間たちへの脅迫や襲撃も。
コーヒーを作り、エコツアーを展開し、カブヤ編みを編みながら、
彼らが守りぬいた宝物を、カルロス自身の撮影でご覧ください。

スローウォーターカフェ有限会社
http://www.slowwatercafe.com


「チョコ・ダリアン西エクアドルホットスポット」と「熱帯アンデス生態系ホットスポット」たぐいまれな生物多様性を保持しつつ、その保全が急がれる「ホットスポット」2カ所にまたがる地域。

**
インタグコーヒーはアップリンクTabelaでもお飲みいただけます。

「私の家から眺めることのできる、500ヘクタールの森には、
アメリカとカナダを合わせたよりも多くの種類のランとハチドリが生息しているんだ。
このインタグ地区には、絶滅の危機に瀕している何十種類もの動物が住んでいる。
その多様性こそが、豊かさだし、一番の美しさなんだ。」

Carlosami00

カルロス・ソリージャ Carlos Zorrilla
1951年キューバに生まれる。1962年、アメリカに移住し、カリフォルニア州オレンジ・コースト大学で
写真と哲学を学ぶが中退。その後、「真の教育」を目指し、北米、南米、ヨーロッパなどを旅する。
1979年、エクアドルのインタグ地区に家族とともに移住。地域の人々と共同し、無農薬でのコーヒー生産や、
エコツーリズム、サイザル麻カブヤの民芸品など、森を残しながら暮らしを豊かにする事業を夫婦で展開。
環境保護団体デコインの会長として、インタグ地域の貴重な森を、銅山開発から何度も守っている。

|

« イベント出店情報 | Main | カブヤ編み新作 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77350/41289059

Listed below are links to weblogs that reference おいしいコーヒーの真実 カルロス・ソリージャ写真展を主催! :

» 【エコツーリズム】についてブログでの検索結果から見ると… [おまとめブログサーチ]
エコツーリズム をサーチエンジンで検索し情報を集めてみると… [Read More]

Tracked on 2008.05.28 at 02:44 AM

« イベント出店情報 | Main | カブヤ編み新作 »