« すいとう気持ち | Main | わたしにできること »

2008.01.21

バレンタインレボリューション!報告

みなさん、バレンタインレボリューションしてますか?私は、1月15日、娘のはじめての誕生日に、サリナスのほんのりビターチョコで、チョコレートケーキを作りました。1・15だから、乾燥イチじく(旦那の好物でもあり)とイチゴ、SWc畑&店頭のヘビイチゴをのせたよ。
Salicake_2
Itachoco3
1月14日、バレンタインデーの一ヶ月前に行ったイベント、『バレンタインレボリューション ーチョコレートから世界がみえる、チョコレートから世界を変えるー』の報告を書きました。写真も沢山あります。以下からご覧ください。
(SlowWatercafe恒例の、スパイシーバレンタインは、2月9、10、11日@SWc亀戸オフィスに決定!びっくり箱な詳細は、今週中にこちらにアップします。)

1月14日、バレンタインデーの一ヶ月前に行ったイベント、『バレンタインレボリューション ーチョコレートから世界がみえる、チョコレートから世界を変えるー』の報告です。
Vrcafeslow
Vraji

会場のカフェスロー。SWcのチョコレートを素敵にディスプレーしてくれていました。
Vrtagua
カフェスローには、SWcの多くのフェアトレード製品があり、象牙やしタグア、アクセサリーも置いていただいてます。
Vrkuma
スタッフのくま子が、商品の説明。彼女の提案で、本命に好きと伝えるすいとう(水筒!)が人気沸騰。
Vrhanbai
SWcプレゼンのあと、お客様が殺到。
Vrhon_2
こんな、本とのセットも素敵。カフェスローの、台所系の本のセレクトは、原田大ちゃんがしているそう。
Vrmrcho
Mr.Chocolate、チョコレボの向達さんと、まだチョコを食べたことのない、いつきちゃんやゆいとくんもご来店。
Vruketsuke
受付嬢、砂川さんと志村さん。ありがとうございました!
Vrmurata
アミーゴの村田さんが、ナマケモノ人形を作ってきてくれました。亀戸のSWCショップの看板娘になってます。かわいい!!!
Vrucyujin
大学時代、お家でコーヒーをいれておしゃべりしていた宇宙塵もご来店。ディスカッションで、国内の手仕事とフェアトレードの質問が出た(いい質問!)際、「フェアトレードチョコもいいけど、国産の材料の和菓子はもっといいかも」と言ったら、宇宙塵が、大笑いしていました。
Vrhoshi
70人ほどのお客さん(岐阜、山梨、新潟からも!)があつまってはじまったトーク、トップバッターは、チョコレボの星野智子さん。児童労働について、ガーナの無農薬カカオ農園について、消費者の立場からはじめた、フェアトレードチョコをひろめるキャンペーンについて、お話ししてくださいました!チョコレボは今年もバレンタインに、いい香りの風を吹かせてます!チョコレボサイト

SWc藤岡は、ナマケモノ倶楽部のこと、その運動から生まれたSlowwatercafeのフェアトレード、サリナス村でのチョコレートづくりや、森林農法のカカオ農園、南米の辺境の土地利用について、また、チョコレートの輸入で分かった、自由貿易の問題(関税率)についてお話しました!カカオの生産地である国がパッケージングまで行っているフェアトレードチョコレートは、日本に流通しているものでは、SWcの商品しかありません。カカオを持っている国がチョコレートを作れれば、フードマイレージも半分(最小限)で済むんです。森林農法のカカオがどんなに美しい実かをお話しているとき、お客さんはみなさん神々しいカカオの写真に釘付けになっていました!

アヒチョコ作りの話(みんなにチョコ食べてもらった話も)

ジョニーデップへの手紙

関税率のはなし(ここに出てくる数字が最新なもののようです)

アヒチョコニットの編み手報告

チョコの型の問題


Vrkamishibai
グリンピースの棚橋さん、村上さんたちは、チョコレートに使われている大豆レシチンから、人の身体にも有害で、栽培することで環境にも負荷を与える遺伝子組み換え作物の問題を分かりやすく解説してくださいました。紙芝居も上映。この日を皮切りに、グリンピースも、チョコレートの旅に出たよ! i BuenViaje !
Vrrabi
みなさんおまちかねのRaBiRaBi×Pikoさんの演奏。頭が心地よくなる、素敵な演奏でした。
azumiさんの唄の歌詞にも注目!おわったあと、隣のお客さんと「いやあ、素敵でしたね。」と顔をみあわせた!
RaBiRaBi×Piko
Vrokyaku
後半のディスカッションでは、それぞれのバレンタインデーの思い出を話しました。これは秘密。あと、SWcが今年から大豆レシチンを抜いた(より丁寧に混ぜる必要が出てきます)話や、バレンタインの本質の話、チョコレートには不思議な力があるという話、それぞれの活動のきっかけなど、ナマケモノ倶楽部のタモリさんこと、司会の小林くんや、会場からの質問で、いろんなお話に花が咲きました。あー、たのしかった!

Vrtokubetsu
カフェスローが用意してくれた特別メニューの、チョコクッキ−。
Vrtalk
Vryu
アヒチョコをお土産に!みんなを夢中にさせるチョコレートの力。それぞれのバレンタインデーから、チョコッとずつ世界を変えていきましょう!

|

« すいとう気持ち | Main | わたしにできること »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77350/17781050

Listed below are links to weblogs that reference バレンタインレボリューション!報告:

« すいとう気持ち | Main | わたしにできること »