« April 2007 | Main | June 2007 »

May 2007

2007.05.30

ソトコトサステナブルワールドフェア

今年も、いつもお世話になっている有楽町阪急デパート1階イベントスペースで開催されるソトコトサステナブルワールドフェアにお店を出します!6/6(水)〜19(火)。ああ有楽町、久しく行ってないな。なんの映画がいいかしら。黒豆マッコリの美味しい韓国料理屋さんや、あの本場タイめし屋さん。ちょっと覗きたいセレクトショップ。有楽町って、イイ名前。平日の夕方以降と土日には、SWcスタッフも売り場に立つ予定です。お会いできれば嬉しいです!

ソトコト・サスティナブルワールドフェア 〜いつまでも使い続けたいモノ〜 6/6(水)〜19(火)
ロハスピープルのための快適生活マガジン「ソトコト」。有楽町阪急では4回目となる今回のフェアでは、こだわりの雑貨やファッショナブルでモダンなアイテムをラインアップ。楽しくオシャレにエコロジーを暮らしに取り入れてみては。

*この有楽町阪急デパートでの弊社フェアトレードチョコレートの販売が、今年のバレンタインデーに、朝日新聞一面トップのニュースで取り上げられました。今回も(エクアドルからのコーヒーや雑貨と共に)サリナス村の板チョコレートを販売します!

Asahi

| | Comments (0) | TrackBack (21)

2007.05.24

今週末、27日

ふたつのアースデイ市場に出店します。
カブヤ編みバッグの新作が素敵で、おすすめです。

晴れるといいなあ。

アースデイマーケット

アースデイちば

小さいけどそうとう楽しいといううわさの千葉のアースデイ。音楽はアンプラグドなんだそうです。マイ食器をもってきてください。

| | Comments (0) | TrackBack (4)

2007.05.09

サイズ限定! Tシャツフェア!!

-------------------------

 サイズ限定Tシャツフェア開催!
   
-------------------------

これからの季節、きもちよい肌触りのTシャツは何枚あっても重宝しますね。
オーガニックコットンは、洗いを重ねてもペラペラにならず繊維がふんわりしていて
首周りや裾もびっくりするほど丈夫!型崩れしません。
着るほどやわらかく身体になじんで本当に着心地がよい素材です。

さてさて、SサイズさんとLサイズさんにうれしいおしらせ。
これからの季節にぴったり!何枚あってもうれしいTシャツがサイズ限定でお買い得に。
期間は5/31まで。

この機会にぜひオーガニックコットンの気持ちよさをお試しくださいね。

Continue reading "サイズ限定! Tシャツフェア!!"

| | Comments (0) | TrackBack (4)

2007.05.06

南米銀行年内にも開設

Bancodesul
Guebara_11

チャベス、モラレス、そしてコレア! 南米が面白い。
南米諸国は、長年のあいだ、軍事的、経済的に米国の支配下におかれてきた。石油の利権をめぐって南米諸国を分断しようとするブッシュ政権に対して、南米内で協力して対抗していく傾向が今、南米各国で進んでいる。

その大きな流れが、バンコ・デル・スル、南米銀行。
これを提案したベネズエラのチャベス大統領は、4月30日にIMFと世界銀行からの脱退を表明した。エクアドルのコレア大統領は、IMFの債務支払いより自国の貧困対策を優先することを約束している。しかし、この大統領たちのなかで、いちばん気になるのは、モラレス大統領。トランペット吹きやパン屋、兵役など様々な職業を転々とした先住民の大統領で、ブッシュ政権の世界政策を痛烈に批判している。「ブッシュはテロリストで、イラク戦争は国家テロだ」と。米国のライス国務長官に、麻薬密輸対策での協力を提案され、コカの葉っぱがくっついた先住民の楽器をプレゼントしたのは有名な話。

こうして、米国の手先のように融資国に規制緩和を強いてきたIMFの干渉から脱却し、経済の自主運営を進めている南米諸国。このあとに期待されるのは、環境破壊や貧富の差を拡大させてきたこれまでのお金の使い方ではない、少しでも、もっと足下に根をはる、経済のあり方を模索していくこと。大きな経済の流れの中では本当にひとしずくに過ぎないんだけれど、私たちSWcもその流れの一部を作っていけるといいな。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
南米銀行 年内にも開設
6カ国確認 IMFに代わり融資

 【メキシコ市=松島良尚】エクアドルとアルゼンチン、パラグアイ、ベネズエラ、ボリビア、ブラジルの南米六カ国による経済・金融相会議が三日、エクアドルで開かれ、南米銀行と、エクアドルのコレア大統領が提案した南米基金の設立を推進していくことを確認しました。南米銀行は六月末に設立議定書調印、年内に開設する見通しです。

 南米銀行は、規制緩和など構造調整政策を融資条件とする国際通貨基金(IMF)などに代わって域内諸国が協力して資金を融通しようという狙いから、ベネズエラのチャベス大統領が提案したもの。しかし、同銀行の権限や、原資に各国の外貨準備金をあてることなどをめぐって不一致があったといわれます。

 ロイター通信によると、「新しい金融構造」として提案された南米基金の設立構想が各国間の不一致を和らげました。ブラジルの動向が注目されていましたが、同国のマンテガ財務相は「地域統合を強化する方向は重要だ」と述べ、南米銀行設立に参加する意向を明確にしました。

 南米銀行は外貨準備金以外の財源を原資とし、インフラ整備などのために融資する「開発銀行」的な役割を持つといわれます。

 一方の南米基金は外貨準備基金の一部を原資にして共同運用し、参加国が経済危機などに直面したときに対応します。同基金の設立日程はまだ定められておらず、会議では同基金憲章の作成にとりくむことが確認されました。

1 SlowWatercafe 会社 | | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2007 | Main | June 2007 »