« フェアトレードチョコの9パン | Main | ししゅう入り手帳 »

2006.12.04

フニンで発砲事件

12月2日
エクアドルのフニンで開発側が、鉱山を占拠しようとする緊急事態が起きているようです。

フニンで緊急事態
侵入の新たな企て

09:30 am 軍の介入の可能性
11:30 am コミュニティーの住人から、私的警護組織による発砲があったとの報告があった。

チャルワヤク・アルトとフニンの間の地域に、暴力的な衝突があったとの報告があった。私的な警護組織の従業員がコミュニティーの検問を突破しようとしたときに、チャルワヤク・アルトの住民、イスラエル・ペレス(注:彼は地域発展評議会の会長であるポリビオ・ペレスさんのお兄さん)を撃ったという。この試みは失敗に終わり、イスラエルの健康状態に問題はない。少しかすった程度だが、なかなか状況を把握することができないでいる。この警護組織は、現時点でチャルワヤク・アルトにいるとされる。

09am:
今朝4時に、私たちは、フニン、バルセロナ−セロ・ペラド(注:フニンとは遠いが、同じく鉱山開発の危機にさらされているインタグのコミュニティー)において、鉱山開発会社、そしてアセンダント・コパー・コーポレーションに関係している団体が、大規模な侵入を行おうとしていることを確認した。

今朝4時ごろ、いくつかのグループが、アセンダント・コパー・コーポレーションが所有する土地に力ずくで進入しようとしていた。彼らは、コミュニティーの住民によって阻止されたが、合計で33名にものぼった。最初の報告では、銃、弾薬、手錠、マスクなどが見つかった。コミュニティーの住民の一人は、その侵入者によって傷つけられた。尋問したところ、この侵入に携わっている一部の人間は、彼らはこの侵入のため、トレーニングするためにミンド(注:キトにほど近い、インタグの気候に近い雲霧森がある地域。)に送られたという。そしてほとんどの者は、フニン−バルセロナの出身でないものばかりだった。

今朝8時、アセンダント・コパー・コーポレーションが所持する車両が、ガルシア・モレノ(注:フニンが属する教区の中心地)から私的警護組織の30〜40名の従業員が出発したという情報を入手した。私的警護組織の従業員は、こう言ったという。「私たちは、鉱山を占拠するために雇われたんだ。」そして彼らは、エクアドルの海岸地方から来たという。

その他の私的な車両は、ガルシア・モレノ教区の住民をフニンでの衝突が行われている場所に連れて行った。その他の車両は、鉱山開発賛成派の従業員を乗せて、他の教区へ発った。

他に確認されたことは、今朝8時に、バルセロナ村を通って、フニンへ向かう道筋に、軍服に身を包んだ人間がいっぱい乗っている3台のピックアップトラックがいたということである。その時点で、実際に彼らが本当に軍の者なのか、あるいはそう見せているだけなのかは、わからない。その前日に、コミュニティーはこの侵入の知らせを受けており、警察に保護を要求していた。たった8名の警察がバルセロナに来たという。しかしながら、一応他の警察官もそちらにむかっていたという。

チャルワヤク・アルトで、鉱山開発会社が総会を開いたということをきいたが、少なくとも鉱山開発反対派はあまり信じられていない。これは、単にフニン地域の侵入をしやすくするための方便ではないかということだ。

さらに、私たちはこの鉱山開発会社が所有地に入る許可を裁判所から得ているときいた。しかしこれは確認が済んでいない。それはありうるけれど、もし本当ならばなぜこのような暴力的な方法で彼らは侵入する必要があるのだろうか?

DECOIN

***

EMERGENCY IN JUNIN

NEW ATTEMPT AT INVASION

9:30 am Possible Military Involvement
11:30 am community member reported shot by private security firm

In the area between Chalguayacu Alto and Junin, there are reports of aviolent confrontation taking place, in which personnel of the private security firm shot Israel Perez, from Chalguayacu Alto, when they tried to overrun the community's road control. The attempt failed, and the security firm is suppossedly at this moment in Chalguayac Alto, and Israel is in good condition- the bullet apparently just grazed him- but it's been difficult to find out about his status.

9am:
As of 4am this morning we confirmed a large-scale invasion of the areas around Junin and Barcelona-Cerro Pelado has begun to lands alledgedly belonging to the compamy and , involving Ascendant Copper Corporation

Around 4am this morning several groups of persons tried to force their way into land belonging to Ascendant Copper Corporation. They were stopped by the communites, and a total of 33 persons are being held by the communities. First reports say that guns, ammunition, handcuffs and masks were found. One of the persons from the communities was hurt by the invaders. At being questioned, some of the people taking part in the invasion said they were contracted to go to Mindo for training- most are from outside the Junin-Barcelona area

AT 8am this morning, we received information that between 30-40 personnel from a private security firm were being transported from Garcia Moreno to the Junin area in vehicles belonging to Ascendant Copper Corporation. The private security employees apparently said they were "hired to invade a mine", and said they were from the coastal area of Ecuador.

Other private vehicles were transporting residents of the Garcia Moreno Parish toward the site of the conflict around Junin. Other vehicles with pro-mining personnel are leaving other Parishes.

Another confirmed report tells of three pick-up load of persons dressed in military uniforms going in the direction of Junin around 8am this morning via the village of Barcelona. No one knows at this time whether they are really military, or just pretending to be

The communities had been warned of this invasion and asked for police protection the day before. Apparently only about 8 police are in the area of Barcelona. However, more police are on the way at this moment. .

There is another version making the rounds that the company organized an assembly in the Chalguayacu Alto area, but not many people are buying into this- at least from the anti-mining faction, but it could be a way to trick people to amass at a certain area to then use them to invade the Junin area.

Also, we heard that the company was able to get a court order to allow them to go into their lands- but this has not been confirmed. It's not understandable, if they really had this order, why they would choose to invade in such an violent manner.

DECOIN

|

« フェアトレードチョコの9パン | Main | ししゅう入り手帳 »

Comments

Howdy! This is kind of off topic but I need some advice from an established blog. Is it hard to set up your own blog? I'm not very techincal but I can figure things out pretty quick. I'm thinking about setting up my own but I'm not sure where to begin. Do you have any ideas or suggestions? Appreciate it

Posted by: ikebukuro | 2015.01.16 at 10:31 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77350/12930238

Listed below are links to weblogs that reference フニンで発砲事件:

» 【オフィスビルに発砲!!!】−福岡 [★ニュース・全般★]
【オフィスビルに発砲事件!!!】−福岡  4日午前6時ごろ「福岡フコク生命ビル」で発砲事件あった。1階入り口ドアのガラス4枚が割れていた!!! 地面に薬きょう数個が落ちていた。けが人はなかった。福岡県警中央署は、発砲事件... [Read More]

Tracked on 2006.12.04 at 05:28 PM

» skater twink []
raised dog bowls dog mating knot pet pals +... [Read More]

Tracked on 2006.12.13 at 11:12 AM

» young lady take down your panties []
secretary masturbates free handjob [Read More]

Tracked on 2006.12.13 at 11:12 AM

» Buy Kamagra Online, Cheap Kamagra Online [Buy Kamagra Online, Cheap Kamagra Online]
great post [Read More]

Tracked on 2007.07.03 at 07:47 PM

« フェアトレードチョコの9パン | Main | ししゅう入り手帳 »