« ブラレンジャー | Main | 道具と機械のあいだ »

2006.12.08

MakeSlowLoveカード

Makeslow2
Makeslowlove
エクアドル、バイ−ア・デ・カラケスで、オフィスや家庭からの紙ゴミをあつめて漉き直した、リサイクルペーパー。古い印字機械でMakeSlowLoveの文字を印刷してある、かなりお洒落なカード。プレゼントに。 こちら

エコパペルプロジェクトについては以下

エコパペルプロジェクトについて

地域資源を利用して生活向上をめざそうという「エコパペルプロジェクト」は、1991年にニコラ・ミアーズの提唱ではじまりました。作業所では、障害児を抱えるアンチュニーリア一家が家族総出で手伝います。エコパペルは安定した収入につながるので彼らはエコパペルプロジェクトへの参加を喜んでいます。
エビ産業が進出する前は、100家族が、マングローブの生態系に寄り添うようにして漁業で生計を立てていました。
1970年代、エビ養殖産業が注目され、次々とエビ池が作られていきました。マングローブ林が伐採されてエビ養殖池や工場ができるようになると、地域全体の資源が特定の36家族だけのものとなり、多くの人が生計のすべを失ってしまいました。

その代替案(オルタナティブ)な選択肢が、エコパペルプロジェクトです。1998年にエコシティ宣言をしたバイーア・デ・カラケス市のバックアップのもと、契約した本屋やコピーショップから古紙・不要紙を回収し、エコパペルというブランドとして蘇らせたのです!一方、エビ養殖業は1980年代よりマングローブ林の大量伐採による生態系の変化、農薬の大量投与による土壌悪化、白点病の感染による被害が増え、エビ業者は次々と撤退を余儀なくされていきました。

 今、人々は一体となってエコシティとしてのモデル作りに励んでいます。
 マングローブは、エビ・魚・貝の育て親。
 マングローブは、鳥たちの棲家。
 マングローブは、漁民たちの生計の場。
(バイーア・デ・カラケスのマングローブ林木道に書かれている言葉)

1
Yawarakai
1) バイーア市内で収集された不要なレシートや古紙を作業所に持ち込み、色別に分類。ポリバケツに貯めた水に、古紙類を細かくちぎって入れ、攪拌棒でかき回す。紙を丈夫にする「つなぎ」として、澱粉糊やココナッツ、バナナ、コーンの繊維などを混ぜる。
Suku
Kawakasu
2) やわらかくなった古紙類を網で漉す。作りたい紙の大きさの型にあわせて均等に伸ばし、手で漉く。漉いたエコパペルを天日に干す。晴れだと30分くらいで乾く。
Namesu
3).乾いたエコパペルを棒でなめす。古い印字機でプリントしたMakeSlowLoveの文字がお洒落です。

|

« ブラレンジャー | Main | 道具と機械のあいだ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77350/12984765

Listed below are links to weblogs that reference MakeSlowLoveカード:

« ブラレンジャー | Main | 道具と機械のあいだ »