« April 2006 | Main | June 2006 »

May 2006

2006.05.26

Stop Rokkasyo

まずは六ヶ所からとめられるかも!?

Stoprokkasho

| | Comments (2) | TrackBack (1)

雨上がりに

タグアのレインボーブレスが再入荷!お待たせしました。
Rainbowsma1
Rainbow_a1
Niji
Auki_w_familia

Somewhere, over the rainbow, way up high,
There's a land that I heard of once in a lullaby.
Somewhere, over the rainbow, skies are blue,
And the dreams that you dare to dream really do come true.
Someday I'll wish upon a star
And wake up where the clouds are far behind me,
Where troubles melt like lemon drops.
Away above the chimney tops
That's where you'll find me.
Somewhere over the rainbow, bluebirds fly,
Birds fly over the rainbow,
Why then, oh why can't I?
If happy little bluebirds fly
Beyond the rainbow,
Why oh why can't I?

| | Comments (16) | TrackBack (0)

2006.05.25

タグアアクセサリーデザイン企画03  エレファントパートナーズ

peaceboatで、していたタグアのブレスレッドを、「それ、象牙ですか?」と怒られそうになったのが第一印象の、10代後半と20代前半のエレパのメンバー。ケニアで象の孤児院を見に行ってから、はっとするような行動力で、スライドを形にしたり、アースデイのためにパネルを作ったりしています。そのうち、きなことペコとめぐとくまこは、このあいだ、象牙の商品やそれにまつわる文化を紹介する象牙会館に行ってきたそう。そして、少し加工すれば装飾品として象牙を輸入できることや、人間の村を襲ったなどとして狩猟以外の目的で殺されり亡くなった象の牙が日本には優先的に輸入されている現状などを聞いてきました。そして、職人の人たちの仕事を否定してしまうのではなく、伝統的で素敵な技術と新しい素材の提案、というふうに、「わたしたちは、そのあいだに立ってできることをしよう」ということになったそう!そこで私が以前提案した、"タグアを象牙職人のところに持って行って何か作ってもらう”企画を実行してみることに。彼女たちは、例えば着物の根付けだとか、日本で古くから象牙で作られてきた美しい伝統の商品を、タグアで作ってみます。
デザイン企画01〜03、夏にまゆみさんがサンプルをエクアドルに持っていき、商品開発の打ち合わせをしてきます!
Zougekinako

Zouges

Zouge3s

Zougee

| | Comments (4) | TrackBack (7)

2006.05.24

LOTUS8

大人気のヨガマットバッグが、あのヨガスタジオロータス8(東日本橋)でも取り扱い開始になりました。他にもボトルホルダーや、森のお守り、レインボーマフラーなどが買えます。担当の村上さんは雑誌『yoggini』のスタイリストでもあります。ご自分でもヘンプとレザーの小物などを手作りしているので、「いいものは紹介したい!」という熱くてクールな人。ヨガをはじめて、自分の身体のことを考えたり、身体の声を聞きはじめると、自然と食べ物やそれが作られる場所、自然環境のことが気になりだす。そんな風に、ヨガをやる人たちの地球環境に対しての考え方のアプローチは、ちょっと特別なんだそう。聞いていて、とても自然でリアルな感じだなあと思いました。"身体"ってどんな大都市にも残っている最後の大自然。ヨガで、気持ち良くなりながら、そこに気づく人たちが増えるって、なんかいいぞ。

Yogis
Lotas2
Lotas
Yogini

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2006.05.23

修繕屋

3年間、日本の農村を歩き回った、後藤彰くんのSlowWaterホルダー。
Gocchi_1
Syuri01
Syuri02
Syuri03
Syuri04
Cabuyagocchi2_1
修理完了!で、日本に届きました。毎日持ち歩いてくれること、きっとカブヤウーマンたちも嬉しいはず。
Syurisui1
Syurisui2
Gocchi
こんな風に、自分で直して使ってくださっているひともいます。糸の色を変えるとちょっとお洒落!
Marketsyuri0
Marketsyuri2
Marketsyuri3

| | Comments (0) | TrackBack (5)

2006.05.21

Natural High! アースデイキャンプ

道志村のキャンプのトークイベントに参加&のんびり出店してきました。トークテントは100%ソーラーエネルギーで運営。音楽好きをはじめとして、小さい子供を連れた家族や、アースデイやエコに興味のある全国のワカモノ、アウトドア好きな人たち、美味しいものが好きなひと、いろんな人が集まって、池や焚き火や唄をかこみました。日曜日はグリーンフラスコさんのフェアトレードデイだったので東京に戻らなくちゃいけなかったんだけど、タクシーでもどると最寄り駅までなんと8000円。仕方なく、シンガーで焚き火ステージに出演していたまやちゃんとふたり、人生初のヒッチハイクをしてみました。これが楽しかったこと!ドライバーの人の反応は実にまちまち。ププッというクラクションとともに乗っけてくれたのはFiremanのおじさんたち。桜の開花が津久井から河口湖にいたるまでに一ヶ月かかることとか、いろんな話を聞きました。ヒッチハイク、ちょっとはまりそう。

DoshimenuDoshimayu_1Doshitalk2
Doshihike
Doshihike2
Doshihike3
Doshitakibi2DoshiyamaDoshitalk

| | Comments (17) | TrackBack (0)

2006.05.13

タグアアクセサリーデザイン企画02 エヴァ

スウェーデン人のデザイナーエヴァと、彫刻家の小鉢さんの鹿島のアトリエにGO!一緒にタグアのネックレスのサンプル・パーツをつくってきました。9月の商品化にむけて、少しずつ、発表します。

Kashimasketch
Kashimacutting
Kashimatalking
Kashimakaorisan
Kashimarinkaran
KashimategataKashima2ri
Kashimapizza

| | Comments (7) | TrackBack (5)

2006.05.12

タグアアクセサリーデザイン企画01  パンゲア河内さん

タグアの新しいデザインを、パンゲアの河内さんと一緒に企画中。歴史上のいろんなボタンを調べたり、街に出てアクセサリーをリサーチしたり、とてもワクワクします。

Kawauchi
Kawauchi2
Kawauchi4

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006.05.11

緑のカーテン

数日前書いたapbankミーティングで聞いた話に影響されて、ゴールデンウィークに、夏に備えて緑のカーテンを作りました。その1→きゅうり。2つの苗が育って、以下のようなカーテンになるかなあ。
Goyahey
Goyaue
Cfbo4bag←土いじりには、カブヤの船型バッグがぴったり。

エクアドルインタグ地方、カブヤ生産者組合の小屋に行くまでの道のりにある、雲霧の森の中の緑のカーテン→Ecmoi_1

SWcオフィスに行くまでの道のりにある、野川のほとりの緑のカーテン。Midori

| | Comments (0) | TrackBack (5)

2006.05.02

新しいすいとう、"One Drop!"できました。

Messenger
最近の教訓:バイク便<メッセンジャー<書類の提出をギリギリにしない(よりエコな届け方)
自転車乗りの人たちがよく使うスイス製のSIGGボトルのハチドリバージョンを作りました。おなじみマイケルのロゴに、デザイナーの渡邉文さんの遊び心が加わりました。ラフなSIGGのテイストに合わせて、スプレーで吹き付けたような、グラフィティ風の蛍光色と黒のデザインに。プリントはこだわりがんこおやじさんの居る、新小岩の塗装屋さん(一味唐辛子の缶なども塗装しているんだそう。アヒー!)まで出向いて、シルクスクリーンの具合をチェック。
Siggmaking3
Siggmaking2
Siggmaking1
Zoonysigg41

こうしてできあがったのが4色展開のSIGGボトル。600ml入って、常温の美味しい飲み物がごくごく飲めます。水筒を持ち歩く、地球へのワンドロップ!もちろん、サイザル麻のボトルホルダーにぴったりの大きさです。

すいとう

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2006.05.01

eco-rezo meeting

apbank fesのeco-resoミーティング、というのに行ってきた!今年のbank fesで、何がつたえられるか、ということを、30人くらいのNGO関係者が集まって話す、という場。今年からSWcもプロジェクトに対して融資を受けることになっている。apbankのフェスに参加した子たちは、音楽好き、という一点で同じ時間と場所を共有し、それから環境に対してできることを探しているみたい。フェスが終わったあともイベントなどで会うたびに、注文のメールをいただくたびに、少しずつでも確実に新しい情報にフックしてさらに楽しそうにしているから分かる。これって、メディアが知らせないいろんな情報をしらせたり、どうやって暮らしていったらいいかをみんなでシェアし合う、新しい回路ではないかと思う。そんな回路に、今年はどう触れたらいいのか、みんなで沢山意見を交換した。ミスチルの桜井さんとか、小林武史さんとかも居て、ミーハーなものでちょっと緊張した。話し合った内容は、まだ秘密にした方が良さそうなので、一つだけ、聞いてちょっと興奮した緑のカーテンというプロジェクトを紹介します。
Qa2hiki
小学校でもやっていたけど、壁に、キュウリとかヘチマとかゴーヤとかの、緑の蔓あり植物を植える、と、なんとそれだけで、夏を涼しくすごせるんだって!!種を蒔くことで、今居る場所をちょっと快適にできる。そしてなにやら、ゴールデンウィークに苗を植えてください、と書いてあります。ビールにも合うし、部屋の窓の下にゴーヤを植えようかな。(今日はキャベツの苗を花壇に植えた)

| | Comments (0) | TrackBack (5)

« April 2006 | Main | June 2006 »