« 文化の発信地uplinkと『ザ・コーポレーション』 | Main | 天水尊とaguaTee »

2006.03.21

NGOアンバサダー

今、ピースボートのNGOアンバサダーとして、2週間会社からひとり飛び出し、南太平洋の船の上にいます。ピースボートと日本の若者NGO5団体の代表との共同プロジェクトで、環境や貧困や南北問題などをテーマにクルーズしてきた参加者(800人!)の、帰国後の活動の受け皿を提示するために乗船しました。

今日、洋上でシンポジウムを行い、私はフェアトレードの話を中心にしました。参加者の人たちの話も聞いて、SWCであたためてきたとあるプロジェクトを一緒に立ち上げる仲間ができました。明日朝7時からミーティングで、もうそろそろ準備して寝なくちゃなので、詳しくは明日。一緒に乗船している田中優さん、辻信一さん、前北ミヤコさんにも、それぞれアドバイスをもらいにいきます。その結果も一緒に報告しようとおもってます。

フィジーは雨宿りの国。いや、雨が降っていなくても、大人も、子どもも、みんな樹のしたにいます。

fiji-amayadori

フィジーの伝統、丸くなって瓶を囲み、カヴァを飲む儀式があります。それを街中で新橋の居酒屋みたいに、普通にやっているディープなお店へ。植物の根っこであるカヴァは、ダウナー系な飲み物。平和で、争いとかどうでもいいような気分になります。昔は部族間の訪問時などは、カヴァを持って隣の村に行ったそう。飲むと、自分が植物の根っこになったような、不思議な気分になります。こりゃあ、人間のすぐカッとなる危うさを知っていた先住民の人たちの知恵だなあと感じます。

fiji-cavashop

fiji-cava2

*NGOアンバサダーの仲間
*景色についてのこと
*ピースボート参加者の仲間

など書きたいことはいっぱいだけど、通信速度が遅いので、ひとまず、また明日書きます。

|

« 文化の発信地uplinkと『ザ・コーポレーション』 | Main | 天水尊とaguaTee »

Comments

フィジーのカヴァ話に耳がピクピク。

カヴァは緊張をほぐしてくれて、頭と枕が吸いつくほどの心地よさで好きなハーブでしたが、現在日本でもイギリスでも使用が法的に禁止。

一部の人たちが使い方を誤まったための副作用に対しての処置です。残念ですよね。

都会に居ながらにして、フィジーの人の知恵を味わおうなんて欲張ったからですかね?

Posted by: Olive | 2006.03.23 at 02:17 AM

Oliveさん、えー!そうなんですか。違法なんですか。お茶それ自体のみならず、そのセレモニーの部分も、同じ島国の日本にとって良いインスピレーションになると思っていたので、残念。でも、その土地でとれるものはその土地でとるのがいいのかもしれないですね(チョコレートとか、矛盾しているけど)。確かに、以前日本でカヴァを飲んだときは、そんなに要らないなーという印象でした。でもフィジーで飲むと、自分がまるで根っこになってしまったような気分になります。日本でカヴァみたいなお茶というと、何かあるのか知りたいです。

Posted by: ami | 2006.04.05 at 06:52 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77350/9183623

Listed below are links to weblogs that reference NGOアンバサダー:

« 文化の発信地uplinkと『ザ・コーポレーション』 | Main | 天水尊とaguaTee »