« January 2006 | Main | March 2006 »

February 2006

2006.02.22

3つのアンテナ

3つの媒体でSWcが取り上げられています。みなさんは、自分にどんなアンテナを立てていますか?

渋谷パルコの人気webサイトweb acrossに『トレンドからムーブメントへー「ポスト・LOHAS」なバレンタイン・イベント開催。』というタイトルで、先日のSPICY VALENTINEイベントのレポ−トが掲載されています。新しい文化を作っている様々なロールモデルへのインタビューとか、ファッション定点観測とか、ひとつのアンテナになるようなサイトです。こっち

イーズの枝廣淳子さんが、携帯用箸"森のお守り"を作る過程でスローウォーターカフェが彼女に聞いてまとめた「あったかい箸のはなし」を、環境メールニュースで紹介してくださいました。ワンガリ・マータイさんに森のお守りをプレゼントした話も出てきます。国内外の環境に関するニュースがDaylyに読めるイーズのメルマガ、おすすめです。こっち

今月号の『天然生活』今日からエコ に、スローウォーターカフェの商品が掲載されています。エクアドルの雲霧林で40人の女性たちが手編みしている水筒入れスローウォーターホルダーと、コーヒーの麻袋をリメイクした鞄作家の山本和代さんによるカラカラバッグです。

私にとっては男性誌の方が面白いのですが、雑誌ってわりと好きで、パラパラ眺めてインスピレーションを得ることもあります。最近ハッとしたのは、現在発売中の『PAPER SKY』(地上の機内誌というコンセプトの季刊誌)島根の特集のもの。そのなかの、「隠された世界」という、エドワード・バーティンスキーの写真数枚。Manufacturing #2, Shift ChangeYuyuan Shoe FactoryGaobu Town, Guangdong Province, China, 2004。是非本屋で観てみてください!中国の工場の景色なんですが、「大量生産ってこういうことか」ってびっくりします。同じ商品を大量に毎日作っている人たちの暮らしもまたみんな同じ。同じユニフォームを着て、工場近くの寮に住んで、同じごはんを同じ食器で食べて。自分が何を選ぶかということは、モノの生産地である地球のあらゆるところで、どんな景色をつくるかということと、密接につながっているみたい。それを、ただ批判的にではなく、どこか惹かれてしまうような、簡単に言葉にできないような、美しい映像にうつしてしまう、アートの力。他にもエドワードは、巨大石油施設や廃棄場、など産業によって壊されたり人工物の張り巡らされた自然の景色を沢山撮っています。彼のwebは必見。

『天然生活』、よく見ると同じページの他団体のカラマツ製の木彫り熊さんもSlowWaterHolderをかけている!!あれれいつ買いにきたんですかね?最近のSWcはいたずらが多くて困ります。亜

| | Comments (4) | TrackBack (1)

2006.02.18

看板を塗る

今日、看板を塗り直しました。西表島のトドゥマリ浜に落ちていた流木で作った看板。結構イベント出店で持ち歩いてきたので、近くでみてみると赤い色が大分薄れてきていました。薄い赤はなじんでわりといい感じなので、Fair Trade from ECUADORの Aのみ塗り残してみました(笑)。明日はこれを担いで寺田本家のお蔵フェスタへ。先日のイベントの夜デリでクラッカーに酒粕を使わせていただいたのですが、美味しいお酒のファンでもあります。300年以上昔ながらの方法で、無農薬、無添加のお酒を作り続けてきた神社のふもとの酒蔵。きっと1000年が見渡せる場所です。

私が看板を塗っているそのあいだも、真由美さんは計算機片手に数字の打ち込み。夜は、スパイシーなミーティング。数字が頭の中をぐるぐる。

meeting
kanban
kanban2
麻袋で大事にくるんでお家に待機。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

2006.02.16

ハチドリTシャツ2006年版は空のハチドリ

3hachi
mizhac
オーガニックコットンそのまんまの1)生成り地に茶色2)生成り地に緑3)水色地に茶色4)水色地に緑の4種類!今年は、空を飛び始めたハチドリです。オーガニックコットンTシャツページ

| | Comments (4) | TrackBack (1)

ザ・コーポレーション

uplink

アップリンクで上映されている『ザ・コーポレーション』上映後のトークイベントに、弊社藤岡が参加します。『9をまく』でダグラス・ラミスさんにもインタビューしてもらった、種の多様性を守るヴァンダナ・シヴァ博士、ポールホーケンの本を読んでカーペット会社の経営とサステナビリティーを両立したレイアンダーソン、ノームチョムスキーやマイケルムーア、ボリビアの水道民営化反対リーダーのオスカー・オリヴェラ。世界のそうそうたる環境運動家の他、企業スパイや大企業のCEOまで出て来て、「企業」というものの性格について語る。私たちの暮らしを作るものの多くには企業が関わっている。ゾクッとして、はっとして、何か行動をしたくなること間違いなし。世界をもう一度きちんと見据えるための映画です。今週日曜19日、16時からの上映会のあと18時半よりトークがあります。なんと社長だと割引で映画を見ることができるそう。詳細は以下をチェック。

ザ・コーポレーション
最近の日本でも話題になっている、企業買収の際に問われた「株式会社は誰の物か?」という議論、法令を破り連続する企業不祥事の「原因」、そして郵便事業の「民営化の是非」といった問題の答えを導いてくれるのが、この作品です。まず、企業を一人の人格として「精神分析」するところからこの映画は始まる。さて、その診断結果は…。マイケル・ムーア監督、ノーム・チョムスキーMIT教授をはじめ、総勢40人の証言や発言をもとに構成された、資本主義社会サバイバル・シネマ!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

マータイさんとマイ箸

eshashi
Wangari_Maathai_potrait_by_Martin_Rowe

2月15日に行われたシンポジウム「マータイさんと語ろう~MOTTAINAIで世界を変える」にて、枝広淳子さんがワンガリ・マータイさんに携帯用箸『森のお守り』のベージュ色のイーズバージョンをプレゼントしたそうです。マータイさんはアフリカのグリーンベルト運動という植林活動でノーベル平和賞を受賞した素敵な女性。苗場でコンサートをやっているユーミンも持っているという噂。ここ数日、まだ真冬なのにやけに暖かくて気持ち悪くなるけど、マイ箸がもっと広がって、地球を冷やすお守りの"ごりやく"があらわれるといいな。

ワンガリ・マータイさん;ケニアの環境保護活動家。ケニアの前・副環境大臣。 1940年生まれ。生物学者を志し、71年、ナイロビ大学で博士号を取得。77年に有志と「グリーンベルト運動」を創設し、植林運動を開始。植林を通じて貧しい人々の社会参加と女性の地位向上を図り、ケニア社会の民主化を進めた。環境保護と女性の地位向上に寄与したとして、04年ノーベル平和賞を受賞。 05年2月来日した際、覚えた「もったいない」という言葉を翌月に開催された国連会議の場で紹介したことは日本ではよく知られている。

枝広淳子さんと作った森のお守りver.2の話

| | Comments (2) | TrackBack (3)

2006.02.14

2/11ありがとうございました

2月11日のスパイシーヴァレンタインのイベントにきてくださったみなさま、ゲストや関係者のみなさま、どうもありがとうございました!ワークショップやカフェの詳しい報告や写真は今週末までに掲載します。これなかった人も注目!です。
当日は、のべ120人くらいのお客様がみえ、メニュー、物販、ゲストのお話を楽しんでいただけました。20食づつ用意していたランチ、カレー、ケーキセットは完売。スパイシーなチョコレートドリンクやインタグコーヒーもとても好評でした。満員で入っていただけなかったお客様、お待たせしてしまったお客様、申し訳ありませんでした。ワクワクする空間で、スタッフもいっぱいいっぱいながら、みなさまとの出会いをひとつひとつ喜ぶことができました。また是非みなさんにお会いしたいです!
211centro
211sana3
211kitchen

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dear Mr. Johnny Depp,

deppe
johnnye

Dear Mr. Johnny Depp,
We are so inspired by the movie “Chocolat,”we produced a special chocolate in collaboration with the people in a small village of Ecuador. Yes, you guessed right; this chocolate has chili, also a local product, in it. We, a fair-trade company based in Japan, produce, import, and market in Japan, hoping to help the Andean villagers’ struggle for a sustainable development.
We are proud of the wonderful palatable harmony created between milk chocolate and chili. And, as you know well, it has magical power of love. As Stevie Wonder asks, “what time really is it?” We all know, don’t we? it is a time to love!
So please, Mr. Wonka, taste our chocolate and tell the world, “Enjoy fair-trade chocolate and magic of love ! ”

Lots of love with spice,

SlowWaterCafe Company Ltd.

| | Comments (4) | TrackBack (3)

2006.02.13

有楽町阪急アヒチョコ完売

ajiji
有楽町阪急にて販売していたアヒチョコレートは限定数販売だったため、完売しています。大変申し訳ありません。阪急の近くでは、丸の内のソトコトロハスバーにて購入いただけます。また、弊社は本日16時から19時までナチュラルハーモニー聖蹟桜ヶ丘店かかしの夢にて試食会をしています。是非お越しください。アヒチョコ、web販売も残りわずかです。また来年よろしくお願いいたします。

| | Comments (397) | TrackBack (1)

2006.02.12

世界ウルルン滞在記 エクアドルチョコレート登場!

今夜(2/12)10時からテレビ放映される世界ウルルン滞在記に、弊社のエクアドル、アヒ(唐辛子入り)チョコレートがちょびっと登場するそうです。番組内容は弊社の産地でも、オーガニックカカオやフェアトレードのチョコレートの産地ではありませんが、カカオの文化を掘り下げるものだとか。カカオがどんな風にしてチョコレートになるのかその過程を見ることができると思います。

アヒチョコは「エクアドルには唐辛子や胡椒入りのチョコがある」ことの資料映像として使われるそうです。(確かにマヤ文明ではカカオと唐辛子を煮だして飲む文化がありましたが、私たちのつきあっている産地にはそのような文化はなく、提案して作ってもらっているものです。)

出発前後にウルルン滞在記の方に沢山のチョコレートをご注文いただいていたのですが、ホームページをみてみると、構成(多分ナレーションも)のライティングでかなりSWcのwebを参考にしている模様です。世界ウルルン滞在記

SWcは、搾取や貧困や環境破壊だけでなく、モノの背景や文化や作り手のことを知ることの中にある楽しくてワクワクする気持ちを大事にしています。このテレビ番組が、どんな風に異文化を伝えるのか、たまにはテレビをじっくり観てみようと思います。観たひと、感想聞かせてください。

| | Comments (88) | TrackBack (0)

試食会

ナチュラルハーモニープランツ FARMERS
ナチュラルハーモニーかかしの夢            
  I will write soon....

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.09

スパイシー!!

Nestle Taken to Court for Trafficking, Torture, and Beatings of Child Laborers on West African Cocoa Farms

商品取り扱いショップのひとつ「はっぴぃれいんぼー」の内田さんからのニュースで知ったこと。アメリカの人権団体「国際労働者人権基金 Internatiopnal Labor Rights Fund(ILRF)」が中心となって訴訟を起こしました。訴えられたのは、アメリカの代表的なチョコレート会社や食品商社。具体的にはスイスに本部がある他国籍企業「ネスレ」、チョコレート会社の「ADM」、穀物・食品商社「カーギル」が虐待や不法行為から被害者を守るための連邦法に違反するということで訴えられたそう。2週間前、なんて素敵なタイミングですね。調べたら上の記事にヒット。

今年の2/14は、チョコの映画に2つも出ているジョニー・デップに『ショコラ』のインスピレーションで作ったエクアドルのフェアトレードのアヒチョコと手紙を送って、来年は「フェアトレードのチョコを選ぼう!」と言ってもらえるようにお願いしたいと思いました。どなたか、効果的な方法を知っている人が居たら教えてください!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2006.02.08

2/11 SPICY VALENTINE@ 青山コラボカフェ

aguacon
青山コラボカフェ、という表参道駅から5分くらいの地下のカフェで、カカオとスパイスの出会いを祝う素敵なカフェを一日オープンします!新商品のサンプルも陳列いたします。是非お越しください。

2/11(祝)@青山 SPICY VALENTINE ースパイスのない人生なんてー

Cacao + Spice = Love


Spicy【形】 [1] 薬味{やくみ}のきいた、香ばしい [2]気の利いた [3] 際どい

スパイスをめぐって、人は海へと漕ぎだし、戦争までしてきた。
それはきっと、スパイスに出会ったとき、それなしのこれまでの人生が、
つまらないものにさえ思えたから。
トウガラシ、クミン、クローヴ、ターメリック、黒胡椒....
ハッとするような風味で、身体の芯に響き、美味しい楽しい気分をくれる。
スパイスをちょっとふりかけて、こんどは世界をつなげる旅へ。

無農薬で育てやすく、比較的短期間で収穫できるスパイスは、フェアトレードにとって重要な産品です。また、熱帯の森の中で生態系を守りながら育てられるオーガニックカカオは、森林保護にとって重要です。今年のヴァレンタイン、SlowWatercafeは、世界中の森や畑やキッチンから、本物のLOVEを集めました。チョコレートとスパイスの文化や産地、効能に関するお話、愛知で有機農業を始めたあつあつカップルの農園や畑の上の結婚式のおはなしも。新鮮野菜、コーヒーやチョコレート、料理、雑貨、音楽、お話に愛を込めてお待ちしています!

日程;
2月11日(祝)11時から22時30分までカフェ&バー営業
*表参道ヒルズのオープンの日だとか。

場所;
青山コラボカフェ 
地図

東京メトロ『表参道』駅5分、JR渋谷駅より徒歩7分 
青山通り沿い、こどもの城のななめ向かいです
・所在地:東京都渋谷区渋谷2-9-10青山台ビルB1F TEL 03-3407-5162

入場無料 (美味しいお料理やドリンク、是非ご注文ください!)
http://www.slowwatercafe.com
http://slowwater.cocolog-nifty.com/hummingbird/
042-407-7161  070-6555-4986 当日までのお問い合わせ

MENUーー メールのいちばん下にフードとドリンクの詳細があります。

*愛知の有機菜ENから届いた新鮮な野菜のお料理とケーキ
*エクアドルの森で育ったコーヒーやスパイシードリンク、ホットアルコール

■ 映画『ショコラ』の上映(OPEN〜)ポルカドットさんのコーヒードリップ (OPEN時)
■13時半から 有機菜ENのLOVE ー畑の上で結婚式!ー          (ゲスト 正木早苗さん)
■15時から  チョコレートの歴史と文化を旅するワークショップ      (SlowWatercafe太田真由美)
■16時から  グリーンフラスコの、ハーブとしてのカカオとスパイスのお話 (ゲスト 八林素子さん)

*フェアトレード団体ネパリバザーロのスパイスのフェアトレード (展示/販売)
*バレンタインチョコをはじめとするSlowWatercafeフェアトレードグッズの販売と紹介

主催;スローウォーターカフェ
協力;有機菜EN グリーンフラスコ ポルカドット 
リトルトリー ネパリバザーロ カフェスロー bunbunbun

MENUーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Drink **森林栽培のインタグコーヒーやスパイシードリンク、ホットアルコール

・ナマケモノの森のコーヒー … hot,ice        ー¥400
・森のカフェオレ、森のカプチーノ               ー¥500
・インタグコーヒーリカー  ロック、ミルク割り        ー¥600
・インタグコーヒーリカーラテ・コーヒーリカーロマーノ     ー¥600
・フェアトレードのホットワイン プレーン/ショコラ      ー¥600
・サリナス村のホットチョコレートプレーン/アヒ!/スパイシ ーー¥500
・りんごジュース アイス/ホットシナモン             ー¥400/ ¥500
・フェアトレードワイン グラス赤               ー¥500  

Food ******愛知の有機菜ENから届いた新鮮な野菜のお料理とケーキ、おつまみ
      
*根菜のネパールカレー ¥800 (drink set ¥1000)
 ネパリバザーロのベジダブルマサラ使用。有機菜ENのごぼう、人参など根菜がゴロゴロ。

*本日のプレート la corazonada de amor  ¥1000 (drink set ¥1200)
 ポルカドットさんのカカオの魔法パン/白菜のミルクスープ/天日干しひじき&テンペのにんにく炒め
 白菜とクコの実のサラダ/スパイスなジャガイモ   setはコーヒー(hot/ice)か、りんごジュース。
  
Sweet set*****************************

¥400 (drink set ¥600)
サリナス村のチョコレートとじゃがいものケーキと、にんじんプリン
         
At Night******************************

デリセット Verduras viajar  ¥600
  酒粕クラッカー/にんじんサラダ/ごぼうの赤ワインきんぴら

Talk and Workshop Timetable *************************

■ 映画『ショコラ』の上映(OPEN〜)ポルカドットさんのコーヒードリップ (OPEN時)
■13時半から 有機菜ENのLOVE ー畑の上で結婚式!ー          (ゲスト 正木早苗さん)
■15時から  チョコレートの歴史と文化を旅するワークショップ      (SlowWatercafe太田真由美)
■16時から  グリーンフラスコの、ハーブとしてのカカオとスパイスのお話 (ゲスト 八林素子さん)


CACAO + SPICE = LOVEーーーーーーーーーーーーー

今回のイベントのメインテーマは、ずばりカカオとスパイス。SlowWatercafeで紹介してきたサリナス村のチョコレート、今年は、唐辛子、ショウガ、クミン、黒胡椒などのスパイスを入れたチョコを作りました。特に人気なのは、唐辛子型のニットを同じ村の女性組合に編んでもらって作った、アヒチョコレート!映画『ショコラ』にも出てくるように、マヤ文明で、唐辛子とカカオの組み合わせは「愛の媚薬」。卸先店舗の他、有楽町阪急のゴディバの横でも販売中。映画のインスピレーションのお礼にジョニーデップにひとつ送って、来年は世界のフェアトレードチョコを応援してもらえるように、手紙を書こうと思います。

有機菜ENの畑の上の野菜とLOVEーーーーーーーーーー

今回カフェのメニューに使われるほとんどの野菜は愛知県の有機菜ENで育ったもの。
大学時代、SlowWatercafeのフィールドでもある南米エクアドルに訪れ、森を守りながら暮らしをたてる人たちに会った正木早苗さん。帰国後に栃木県の有機農業の塾で学び、禅寺で修行をして同じ有機農業の道を選んだ正木努さんに出会います。2人は昨年、はじめての収穫をおえたばかりの自分達の畑、有機菜ENの土の上で
結婚式を挙げました。正木早苗さんに野菜に込めたLOVEや、菜園での素敵な暮しについてお聞きします!

2つのパン屋さんのLOVE           ーーーーーーーーーーーーー

SlowWatercafeの卸し先には、天然酵母のパン屋さんが多いのですが、今回はそのうち、2つのパン屋さんとコラボ!

大田区梅屋敷のポルカドットさん(03-5471-5281)で作っているサリナス村のカカオ分82%チョコのカカオの魔法パン。今回は特別に大きなハート形で作っていただきます。カカオが果物だったことを思いおこさせる濃厚な味わい。2名でランチをご注文の方には、分量2人分の特大ハート形パンを2人でドキドキ食べていただくこともできます!また、同じく毎日店頭で販売しているインタグコーヒーロールもお目見え。これはエクアドルのインタグコーヒーを店主の伊藤さん自ら手落としドリップして、パンの生地に練りこんだもの。開店時にはポルカドット伊藤さんがドリップするコーヒーを楽しんでいただけます。豆腐屋さんやパン屋さんをしてきた伊藤さんのごっつりした素敵な手に注目。
         
玉川学園のリトル・トリーさんからは、ネパリバザーロのマサラティーとスパイスをつかった、スパイシーフロランタン!また、バータイムには、胡椒のピリリと効いた"ビア−9(ナイン)"をどうぞ。噛めば噛むほど味の出る美味しいパンです。

身体に効く、植物からのLOVE

緑の医学を提唱するアロマテラピーやハーブティー、セミナーのショップ自由が丘のグリーンフラスコさんからは、八林素子店長がみえて、カカオやスパイスの植物療法的な効能について話していただきます。『スパイススパイス』というカカオもブレンドされたハーブティーを試飲できます!グリーンフラスコは今年で20周年。お店に一歩入るとよい具合に炊かれたアロマの香りにつつまれます。五感から気持ち良くお店の情報発信を感じとることができ、暮らしにおける植物の可能性がどんどんみえてきます。まるで『ショコラ』みたいなお店です。

フェアトレードというLOVE ーーーーーーーーーーーー

熱帯地域で、他の作物よりも比較的早く収穫して商品化できるスパイスは、フェアトレードにとって重要な作物です。SlowWatercafeのアヒ!唐辛子チョコレートは、エクアドルコタカチ郡のルイス・エドゥワルドさんらの畑で、
パーマカルチャーの手法で栽培し、コミュニティーの加工所でパウダーにした有機唐辛子を使用しています。
また、今回はSWcの尊敬するフェアトレードメーカー、ネパリバザーロのネパールのカレーを使用。販売&産地の展示もいたします。ネパリバザーロでは、年間2回ネパールからの研修生を日本に招きますが、彼らのアパートの部屋はたいていスパイスの匂いがするそうです。 ネパールでは、ちょっと昔まで、お母さんがその日の家族の顔色を見て、体調に合わせて、カレーのスパイスを調合したそうです。

自前のヴァレンタインデーをつくるーーー世界は小さなLOVEがあつまってできている。

ヴァレンタインデーの起源、実は結構ロマンチックで大事な話。ローマ帝国はあるとき、若者が家族を愛するあまり戦争に出たくなることを懸念して結婚を禁止しました。その政策に反対して秘密で結婚式を挙げていたために、西暦270年2月14日に処刑されてしまったヴァレンタインという名前のキリスト教会の神父を偲ぶため、聖ヴァレンタインデーが制定されました。日本では、製菓会社の戦略で女の子が男の子にチョコをあげる日として定着。この時期にチョコレートの年間消費量の20%が消費されます。原料のカカオ栽培は、アフリカや南米で農薬に汚染されたり搾取されたりする子どもを含む、小農民の過酷な労働により作られています。今回の取り組みは、そんなチョコレートを消費するだけの寂しいヴァレンタインを超え、もっと、文化を掘り下げて、心の深い所から楽しくなれる、本物のLOVEを集めた、好きな人みんなをもてなす場所です。

みなさんにお会いできるのを、楽しみにしています。

| | Comments (13) | TrackBack (0)

2006.02.06

種袋はなさかじい。

トージバイベントで生まれたコラボの新製品。大豆の種を蒔く人を増やすために、SWcができること。「種袋はなさかじい」をゆっくり形にしていきます。

hana-04
hana-01
hana-02
hana-06
菊池文代さんのワンピース、素敵だなあと思ったら、40年前の川久保玲のものだそう!お洒落!!

種袋「はなさかじい」

種の種類 小糸在来大豆[千葉県の在来種]  特徴 甘みがあり、豆腐に味噌にそして枝豆としても、おいしく食べられます。

この袋に入っている種を
あなたの周りで蒔ける所に蒔いてください。
1粒の種が上手く育てば、花を咲かせ実をむすび、
100粒の大豆になります。
その次の年に100粒のうちのいくつかを蒔いてください。
そうやって何年か続けていくと、
多くの大豆を手に入れることが出来ます。
そして、その大豆は、あなたの土地の"地大豆"となります。 

ー南米エクアドル、インタグの森に自生する竜舌蘭の一種サイザル麻カブヤの葉の繊維を取り出し、なめして、木の葉や樹皮、実や花などを用いて染色し編んだ袋です。地域にある資源を使うこの仕事は、森林を破壊する鉱山開発や大規模な農業に頼らずに暮らしを豊かにするための知恵のひとつです。お鍋がコトコト言ったり、子どもが泣いたら手を休める、というスローな時間も編み込まれています。スローウォーターカフェ有限会社は、インタグの女性たちとこのカブヤで水筒ホルダーやバッグなどの製品を企画しフェアトレードで日本に紹介しています。今回は「種を蒔く人を増やしたい」というトージバの思いをインタグの森とつなげた小さなcorabo袋です。info; http;//www.slowwatercafe.com  042-407-7161

| | Comments (10) | TrackBack (6)

2006.02.05

2/11にあひましょう

2/11のイベント"SPICY VALENTINEと、エクアドル産愛の媚薬アヒチョコレートのことが、j-wave LOHAS SUNDAY ENTERTAINMENT NEWS 060205として「愛の媚薬入りチョコレートはいかが?」と紹介されました!VOGUE NIPPON のサイトのLifeStyleニュースにも出ています。 イベントの中身のぞけます

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.02.04

地大豆カフェ&チョコレートコーヒーフェスティバル

明日は土曜日。私は、大豆の種を蒔きに、地大豆カフェ@CafeSlowの進行役。トージバの渡邉さんと一緒に、とても素敵な大豆農家さんやお豆腐屋さんの話を聞いてゆきます。ワクワク。まゆみさんは、カカオやコーヒーのルーツを探りに、カカオコーヒーフェスティバル@夢の島熱帯植物園へ。熱帯の森の中で色々と学びつつ、焼きたてインタグコーヒー(試飲あり)とチョコを売ります。楽しそう。

jidaizu01_main_s
地大豆カフェは大豆レボリューションをしかけるトージバと、ナマケモノ倶楽部地域通貨族の間宮さんたちのコラボレーション。地大豆の種を蒔くひとを日本各地に(とくに都市に住んでいる若者に)増やしてゆこうというとても素敵なイベントです。中庭市場で出店の他、カブヤの種袋をコラボレーション企画!


kakao
チョコレートコーヒーフェスティバルは、世界中で親しまれているチョコレートとコーヒー。その魅力を探る、熱帯植物園の企画。カカオ・コーヒーの木の展示や、産地別の豆の比較、チョコレート・コーヒーのできるまでなどを紹介し。ル パティシエ タカギの高木さんがチョコレートについてレクチャー?!  ←ここに、焼きたてインタグコーヒーとチョコレートを持って参加します!

おまけ(来週の予告)
エクアドルのチョコレート、うるるん滞在記で紹介!
こんどの世界うるるん滞在記は、エクアドルのチョコレートのこと。渡航前にスタッフの方がSWcのwebを熟読!
行く前も、帰国後も、沢山注文をしてくださいました。番組、楽しみ。

大豆とカカオ豆、実はつながってるんですーーー

私たちがつきあっているエクアドルのカカオ(森林栽培)の産地では近年、アメリカ資本の大豆畑(遺伝子組み換え大豆が生産量の%だというから、おそらく遺伝子組み換え)が幅をきかせています。一昨年バスにのって生産者に会いに行く際に、その前の年にはなかった、広い土地に一面に薄ピンクの小さい花の咲く畑が、窓の外にやけに多いので、となりのおじいさんに訪ねてみたら、「アメリカ資本の大豆畑だよ。最近はみんな大豆を植え始めたよ。」と言っていました。

里山を守り森に樹々を植えて自給的に暮らしていた人たちが、ドールなど果物のプランテーションだけでなく、牛の飼料や油にするための遺伝子組み換えの穀物を土地に植えるようになっています。フォード社がやったような、まるで工業製品として大豆を育てる態度が、南米の亜熱帯の土地にも入りこんでいます。そして森とつながるよりも、土地を効率的に使ってお金で買える食べ物や幸せを選ぶ人が増えてゆきます。私たちが日本で『地大豆の種を蒔く』、あるいは手伝ったり選んだりしてそれを支えるということは、地球の裏側に住む人がその地域にあった作物の生産を続けたり、日本人が地大豆を食べるのと同じように、その土地の人の身体に合った食べ物を食べることと、響き合っていると思います。

一方、カカオ豆は本来森の中に自生するために。原種に近いカカオを森林栽培で育てている地域には、霧がかかる豊かな森とカカオ以外の樹々、里山が保全されています。カカオはカカオでもほとんどは、収量が多く、しかも幹の下の方にたくさん実をつける品種改良の種を選んで作付けするようになってきていますが、私たちは、原種に近く、農薬を使わずに育てられる、香りの高い森林栽培のカカオのみで作るチョコレートを企画輸入して、コーヒーや雑貨と一緒に販売しています。大豆もカカオもそしてコーヒーも、畑と向き合っているのとは違う人たちが、投機目的で取引をし、ときには紛争をひき起こすような変な立場におかれた豆。それを地域通貨がつなぎなおして作られる今度のイベント、本当に楽しみです。大事な豆の話が沢山聞けるように、進行がんばります!

また、2/11のカカオ豆イベントのゲストの一人、愛知県新城市の有機菜ENの正木早苗ちゃんたちの畑の上での結婚式にも、枝をくくって地面に逆さまにした大豆が干してあり、そのあいだをぬって新郎新婦がトラクターにのって登場していました。11日はそのスライドも、上映します。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2006.02.02

有楽町阪急ヴァレンタインフェア

ゴディバのむかい側で、エクアドルの手作りiアヒ!チョコがぶらぶら、しています。
St.Valentine's day Chocolate Shop 2/1〜2/14
スローウォーターカフェ
南米エクアドルより話題性抜群のアイテムが上陸。無農薬で森林栽培した香り高いカカオを使い、丁寧に仕上げたチョコの中には、なんと唐辛子(アヒ)が。ちなみに、カカオと唐辛子のマッチングは「愛の媚薬」だとか。
i Aji(アヒ)各840円    ...有楽町阪急ホームページより。

hk-tana
hk-ajiji
hk-window
hk-godiva
夜、デパートがしまったあと、他のチョコレートに話しかけるアヒチョコ赤。「こんにちは。どこからきたの?ぼくはサリナス村から。」「ボンジュールノ」「ねえ、おとなしくしていないで、いたずらでもしない?」

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2006.02.01

ムスカリ

muscari

アミーゴのしんちゃんとひさのちゃんがもってきてくれた、ムスカリの鉢植え、今日とてもいい天気だったので外に出して日にあてました。水やりはもちろん天水尊に溜まった雨水で。

淡い紫色の花がとても素敵で、なおかつおばあちゃんの好きそうな色だったので、早速週末のうちのおばあちゃんとおじいちゃんのダイヤモンド婚式(結婚60周年!)に真似して、同じ花の鉢(まだ球根から芽が出てないやつ)を買ってプレゼントした。次の日母がおばあちゃんの家に行ってみたら、紫のかわいい花のつぼみが少し膨らんでとてもかわいく、2人とも嬉しそうに観ていたそうだ。
「若い人はこういうの見つけるの上手よね」とおばあちゃん、
「観ているうちにどんどん大きくなるんだよ」とおじいちゃん。
しんちゃんとひさのちゃんの気持ちが、思いがけないところまで循環して、またハッピーを咲かせていた。こんなこともあるんだ。

実は花屋の店員さんは結構感じ悪くて、「おばあちゃんたちのダイヤモンド婚式用」と言っているのに「え、包むんですか?」といった感じだったんだけど、最初に大事にあの花を選んでくれた力で素敵なプレゼントになったみたい。ものを贈るってすばらしい。そこに関われることもまた。SWcの商品を贈りものに選んでくださる方がとても多い。よろこんで梱包してます!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大変お待たせいたしました。ハチドリ印の携帯用箸森のお守り、再入荷しています。緑のSlow is Beautifulお守り、ベージュのe'sのBe a Change Agent!ともにブンブン飛んでいます。

HACHIDO
eshashi
sct-003nc

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2006 | Main | March 2006 »