« September 2005 | Main | November 2005 »

October 2005

2005.10.31

アースガーデンに ぎりぎりまにあって
おひろめできた アヒチョコ

もう たべた?

とうがらし(アヒ)いりのチョコです


そのむかし とうがらしは愛の媚薬として
たっぷりカカオにいれて飲まれていたのだとか

ぽかぽかするからかな?

かわいいね

さて だれにあげようか


だれかの恋のひと場面に このチョコがまぎれこんだら
なんだかすごく うれしいな

想像してるだけでにやけたり
もうアヒの魔法にかかったみたい


ぴりりと舌先にいたずらして
のどの奥にぽっと火がともる
にがくてあまいチョコレートのかおり
たしかに恋によくにているかも


愛の媚薬 どうぞおためしあれ


200510261822000

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.28

秋の日の音

ナマケモノ倶楽部のハチドリハンカチ(12月発売!)の仕事をしていて、デザイナーの渡邉文さんと色味を見比べながら、野口整体のダン先生に聞いたという、すっごい話を教えてもらった。

江戸時代には、ネズミ色だけで100種類、茶色は48種類も色の名前があったんだって。それに、日本には、風を表す言葉が2500種類もあるそう。(『雨の名前』『風の名前』という高橋順子さんの本には2145個の風の名前があると書いてある。)つまりは、日本人は、風を感じ、色を見分ける、それだけ繊細な感性があったということ。
だん先生は、「俺たちも江戸に負けねえで408の赤の名前くらい作ろうぜい」と言っていたらしい。SWcの赤は何色なんだろう。。。そのあと、なんだか道をあるくのがゆっくりになった。(仕事溜まっているのに!)

hankachi
kagi

『ゆっくり歩く』 山尾三省

忙しい今日だから
ゆっくり歩く

秋の陽のふりそそぐ音が
きこえますように

そよ風が
素足にやさしく ほほえみますように

きんみずひきの黄色の花が
おのずから この心にとまりますように

岩たちの無言の歌が
無言のままに ひびきわたりますように

忙しい今日を
ゆっくり歩く

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.25

あ(ひ)ースガーデン2日目

きてくださった方、どうもありがとうございました。楽しかったですよねー。

akki000
akki13nin
akki14nin
今日は秋晴れ。無農薬にんじんをまるごと美味しそうにかじりながら代々木公園を歩くひとの群れ。こういう景色をひとつずつつ作っていけると思うとワクワクします。

akki07takayan
akki08takayan

アミーゴたかやんによる、タグア削りワークショップ。エクアドルからのフェアトレード象牙風やしの実タグアに切り込みを入れて、写真立てを作ります。削りカスは土にかえるし、気持ちよい。妹がちゃんと机をおさえてあげているのが微笑ましい一幕です。

akki21himo

akki22himo

こっちは、ロッククライマーのアミーゴ内澤さんによる、『森のお守り』紐結びワークショップ。クライミングにも使う、長さを自在に調整できる結び方を伝授。外に遊びに行きたくなるご利益あり。

akki28kama
こんなお客様もいらっしゃっていました。

akki19ari


akki05girl


akki23suito
akki24hums
akki40naomi
akki31ecoba


akki10love
akki06aya
アヒチョコの発売を記念して書いてもらった、みんなの「恋の秘訣」、たくさん集まりました。
小林編集長によって、『アヒをまく』本になるかも!?


Muuuchas Gracias a los amigos....今回、一緒にSWcを出店した人たち。

akki16mayuまゆみさん

akki27aya
あやさん

akki26maicoまいこちゃん

aki-006
たくじ

akki12takawoo
たかやん

aki-000
こばやしくん

akkigako
ガコさん

akkiuchi
内澤さん

akkimikami
三上さん

akki09syuhei
しゅうへいくん みんなありがとう。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2005.10.23

市場は楽しい。

aki-001
aki-016aki-017
aki-019
aki-024
aki-010
aki-003
aki-002
aki-005
aki-006
aki-007
aki-027
aki-030
aki-022
aki-009
aki-013
aki-029
aki-026

「あなたの恋の秘訣」ぞくぞくと集まっています!明日もみんなで代々木に居ます。
アルバムはこちら 

| | Comments (5) | TrackBack (0)

スパイスについてのブレスト

スパイス

日本のチョコレートは貧しい
甘いのばっかり
でも本当のカカオの食べ方は、
苦みとか、辛さとか、多様な味がある

「スパイスさえあれば人生バラ色」みたいなことわざが何処かにないかな?

スパイスをめぐって人は戦争までしてきた。
それは、スパイスに出会ったあと、
スパイスなしの今までの人生がつまらなくさえ思えたくらい、
スパイスとの出会いが衝撃的だったから。

「スパイシーSpicy」という表現には、深い意味がある。
*もっと調べてみたい。

ミャンマー(ブータン?)のことわざ;しゃべるときはまっすぐ、あるくときはクネクネと。

人生はラグビーボールなんだ。(何処に跳ねるか分からない)
*チョコの形がラグビーボールならばいい。

人生は予期しなかったプレゼントだ。

★選べないことは、面白い。

意外な(チョコレートとの)出会い。
いきあたりばったりの旅
犬も歩けば棒に当たる

spice

チョコレートに、スパイス別のシールを貼る。胡椒入りビターチョコには、ほくろ型シールを。ガコさん、たかやん、ありがとう!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2005.10.17

空港内にフェアトレードショップってどうかな?

200510151746000
200510151747000
200510151935000

チョコレートの通関後、いくつかの運送会社と交渉をして、出荷をしたあと、帰りに成田空港のお気に入りのお店に寄った。到着ロビーの一角にある『空の駅』さん。地元成田で生産される、旬の有機農産物を中心としたお野菜たちが、所狭しと販売されている。

大きな空港内の小さなお店の一角。ここで泥の着いた野菜を見ると、空の玄関として使わせていただいている成田も、土に根ざす人びとの暮らす土地だということを思い出す大好きな場所!「空港内にこのお店があって嬉しいです」と伝えると、お店の方は「そういって喜んでくれる方が多いんですよ」と嬉しそう。

迷った末に今回は、とれたての里芋、大好きなショウガ、そして生ピーナッツを購入(全て完全無農薬栽培)。早速帰宅後、ピーナッツを晩ご飯にゆでていただいた。美味しいなあ。

こんな感じで、空港にフェアトレードショップがあるというのも、いいかもしれない。成田空港の飛行機で届いたフェアトレード商品とそのストーリーを、これから海外に出てそこに住む人と接するお客さんたちに紹介する。フェアトレードという話の種つきのお土産が世界に広がったり、飛行機の中にも水筒を持って行ってもらうことができるの。どうかな?まずは「空の駅」にチョコレート営業してみようかな。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.10.15

成田空港貨物地区 秋。

エクアドルからのチョコレートを、むかえにいってきました!
旅はまだ終わっていません。到着地はあなたのお腹の中。
エクアドルの大地を旅立ち、様々な人に出会って形を変えてきたカカオ。
チョコレートになるまでに通ってきた、その風景も一緒に食べて欲しいなあ。

200510151751000快速で成田へ。いつか乗りたいNaritaExpress。
200510151720000雨がぱらつき、少し心配。
200510151241000税関のごはん。職員の人たちは食べながら、「このキムチの税率は?」とか、「添加物は?」とか「原産国は?」とか常に考えてしまわないのだろうか?
200510151433000
200510151722001食品監視課を通り、ついに受け取り。
200510151722000
200510151727000チョコレートだと言うと、なんでみんな書類は「フランス語ですか?」と聞くんだろう?SWcのチョコレートは南米原産の愛の媚薬、全ての原材料の調達とパッケージングまでエクアドル国内でされています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.11

夕焼け

hachibag
tonbi

夕焼け色の空を飛ぶハチドリ? 友だちの美奈さんが、真っ白いハチドリエコバッグを染めてみたそうです。シミがついてしまった服とか、雰囲気を変えたいカーテンとか、自分で布を染めてみるって楽しいですよね。色とは、植物の命。例えばピンクは、桜が咲く前の命のエネルギーが温存されているつぼみで染めると一番強く綺麗な色が出るのだそうです。夕焼けハチドリと一緒に行った昭和村で、織り姫修行中の友人に黄檗をもらってきました。ハチドリバッグ染めワークショップでもやろうかな?

kihada

*そうそう、「染色ができる植物は、すべて薬にもなる!」という西表島の植物博士、「のーじ」が東京に来ます。SWcでは、ナマケモノ倶楽部エコツーリズム族、ピラチカ族、原始人サークルなどと組んで、植物でなんでも作っちゃう半日エコツアー@東京の公園を開催の予定。10月16日(日)か17日(月)になるみこみです。SWcは、来年展開予定のエクアドル産パナマ帽の最後の編み方について、のーじに相談したいと思っています。面白くなりそうだよ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2005.10.06

SWcをとりまく人々の最近の会話


200510061753000

アヒチョコレートの情報を聞きつけて、探しにきてくださったみほさん。
11月に赤ちゃんが生まれるそう。くれよんはうすのエコバッグが似合っていました。ぽっ。
アヒはお祝い返しにお母さんが提案してくださったそうです。入荷次第ご連絡します!

takamo

サーフライダーズファンデーションの高森さん。友だちの赤ちゃんに'のっそり'をお土産に。
今、山から水が生まれてやがて海に届くSea to SummitというDVDを作成中。そのジャケットで、水が生まれる山の素敵な写真を探しているそうです。いい写真持っている人いませんか!

chizu

北は函館のピーターハウレットさんから、電話があり、11月にスローカフェイベントをやるから委託で商品を送ってと言う。南は西表ののーじから電話があれば、今度東京に来るから、また植物遊びワークショップやらないかと言う。日本は南北に長いなあ。糸電話だったら大変だ。

200510031913000

10/14のDUOの打ち合わせに来てくれたさなと、えりさん。一見、こんなにのほほんとしているのに、渋谷のDUOで音楽イベントを自分たちで主催しちゃうなんて、昨今の若者に稀にみるパーティー力!超たのしみです。

200510062304000
4種類の紙でチラシを刷ってきた、超こだわり女ゆりかさん。これ、誰が帳合いするんだろう↓。

200510042044000

SWcの"MakeSlowLoveNotFastWar"Teeシャツをエクアドル帰り、(わざと)ヒューストンで乗り換え時に来ていたSWcスタッフの理絵ちんは、税関のメキシコ系のお姉さんに「ストレートすぎるから、気をつけなさい」って忠告されたんだって。しかも、わざわざスペイン語で。

今日は、夕飯たべながら静岡生まれの理絵ちんの昔ばなしも聞いた。いつも、お父さんが安倍川で釣ってきた鮎を、お母さんがさばいて、小さい理絵ちんが骨を一本一本とっていたんだって。12匹くらいの鮎の骨を全部とり終えると、理絵ちんには、ご褒美に一番大きい鮎がもらえたんだって。その鮎の美味しさについての彼女の話ぶりはとても素敵で、ハチドリ計画のあゆみちゃんとふたりぽーっとして聞いた。

理絵ちん、明日はチョコレートのリーフレット折りの地道な作業、頑張ってください!一番大きいチョコのために。

さて、帰る前に、アミーゴのあやさんからの嬉しいメール。
「焼きたてコーヒーありがとうございました。
ほ〜んと、いい香りぃ。。。
毎朝おいしいコーヒー飲んで、満員電車に立ち向かいます!」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.04

エマダツィー   queso con aji?

ajienichiba

ajienrio2
*写真はそれぞれ、エクアドルサリナス村の市場と、リオムチャーチョの農園の唐辛子!

SWcのトップページでは、カカオの旅が一段落して、次に出てきたのは唐辛子!とうがらしがどんな旅をして何処に行き着くか、乞うご期待!以下は、SWcメンバーの一人、辻信一さんからのお土産話。ほんのちょっとお裾わけ。

『ブータンがまた、もろ唐辛子の国なんだ。みんなヒーヒーいいながら食べるのです。
唐辛子は「エマ」と言います。日本で言えば味噌汁みたいな国民食が「エマダ
ツィ」、つまり唐辛子チーズ。こんどのゼミでは写真を撮るとき、チーズでもキム
チーでもなく、「エマダツィー」と言うことになっている。チーよりツィーのが口の
形がいいんです。やってごらん。
keibo』

夜のオフィスでひとり、つぶやいてみる。あ、フランス語風になっちゃった。。。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2005.10.02

赤とんぼ

05-10-01_23-35

*グローバルフェスタにナマケモノ倶楽部のブースを出していた(SWcは出てません!)SWcスタッフ理絵ちんの報告です。

「今日ブースに2回くらい遊びに来た赤トンボのあっちゃんです。最初はコーヒーの実のパネルに、二度目はレインボーマフラーにとまっていました。なかなか飛び去らなくて、きっとエクアドル好きなんだと思う。blogに載せようと思ったのにオフィス行った時に忘れてしまった…」

素敵な秋の風景のお裾分け、アップしときました!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.01

読書の秋!恵比寿にナマケモノ

200509302150000
200509302149000
200509302148000
photo-1

今日10/1から、有燐堂恵比寿店で素敵なスローフェアが開催!
スローイズビューティフルや、ハチドリ計画のハチドリ本、エクアドルサイザル麻のブックカヴァー(秋色染色)、ハチドリ水筒や、それが入るSlowWaterホルダーや、お箸『森のお守り』など、入り口一面にスローな本や商品が並びます。恵比寿駅に隣接したatreの中なので、是非足を運んでみてください。

私は、パトリス・ジュリアンの『きちんと暮らす』という本が欲しくなりました。

200509302331000
本とグッズを並べ終わってご飯を食べようとすると、なんと、全員くるくるまわしている。みんなハチドリ!! ポトリポトリポトポトリ。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

大学生協にフェアトレード@明治学院

moe3

moe1

SWcスタッフ4人(日本3+エクアドル1)の母校である、明治学院大学の生協で、SWcのチョコレート発売!

最近、大学生の間で生協にフェアトレードの商品を取り入れてもらうことが流行っているようですが、
明治学院大学国際学部の後輩の近藤もえちゃん、飛山歩ちゃん、伊東裕彰くんの3人が、チャレンジ!
授業で学んだフェアトレードを他学部のひとたちにも知って欲しいと、キャンパスでブースやポップなど手作りの楽しい試飲会を経て、ついに今月実現!生協にSlowWatercafeのオーガニックカカオのチョコレートや、ピープルトゥリーのドライマンゴー、ネパリバザーロの紅茶クッキーが取り入れられました。
もし明学の人が見ていたら、是非みにいってみてください。
それから、彼女たちが7日の金曜日にSWcオフィスに来ます。他の大学の学生さんなどで生協や売店にフェアトレードを導入してみたいひと、彼女たちの導入したプロセスを聞きにきてはいかが?SWc宛に、メールをいただければ詳細ご連絡します。大学でフェアトレード、ひろがるといいな。

私も学生のとき、「キャンパス内で経済活動をしないでください!」と怒られながら、友だちと試飲会をして学校のカフェにインタグコーヒーを入れたのだけど、卒業後、いつの間にかなくなってしまっていたのです。だから、今回の取り組みに、期待。ワクワクします。

moe2
これはネパリバザーロさんの、スパイシーな紅茶クッキー。私は学生のときから好きだったので学校で買えるなんて羨ましい。

| | Comments (224) | TrackBack (0)

« September 2005 | Main | November 2005 »