« 代官山エコモーション | Main | フジロック »

2005.07.27

自然のチカラ

今日は台風直撃。
事務所のある府中は朝から大雨。電車が止まったり船や飛行機が運休したり。

先日の震度4の地震。
イベント帰りに電車が止まっているのを見てAmiが「東京って弱いな」と思ったって言ってた。

台風とか、地震とか日常生活に支障をきたすほどの「自然のチカラ」を感じるとき、
やっと私たちは「あ、自然の中に生きていたんだな」って思いださせてもらえる気がする。

思えば台風や地震で「電車が遅れまして大変ご迷惑をおかけします」ってアナウンス。
どうも違和感を感じる。
台風や地震が起こっているのに、眉間にシワを寄せていつもと同じように時間通りに
移動したり、仕事をしようとしている人たちは自然の中で生きてることを忘れちゃったのかな?

エクアドルには雨季と乾季があって、雨季はものすごく雨が降る。
街から6時間くらいバスに乗ってやっと辿り着くフニン村は、雨季には交通は遮断。
朝から大雨だったりしたら、農作業に外に出て行くことなんてできやしない。
時には一日おしゃべりしたり、ウトウト過ごしたりもする。

ある日。
近くのコミュニティーで環境をテーマにした歌やダンスのフェスティバルがあって、
村の女性グループが一生懸命ダンスを練習して参加した。
雨季だったけど数日間割と小雨続きで、心配された人々を乗せるトラックも朝の6時に
村に到着した。
みんなで意気揚揚と出かけたまではよかったけど、途中の山道でドロにはまる。
「あぁぁぁぁ、やっぱり」 
ど~するのよ~!と一人不安になる日本人の私。
でも周りのみんなは平然と、女性たちは当然のようにトラックを降りてどんどん前に
進んで歩いて行く。
「あれ?どーした?」と思っていると、
これまた当然のように男性陣がトラックの先にロープを結び、ひっぱる人と後ろから
押す人に分かれてトラック救出作業を始める。
「おぉ。肉体美!肉体美!」
としばらく関心していたが、作業のジャマになるので私も女性陣に混じって前へ進む。
しばらくしてなんとか救出したトラックが追いつき、女性たちもまた乗り込む。
が、しばらくしてまたドロにはまってしまった。
すると先ほどと同じ作業が繰り返される。

結局目的地に到着したのは予定時刻をかなり過ぎていた。
天候によって集まらなかった地域の人たちもあった。

もともと時間にはルーズなエクアドルの人たちだけど、大切なものを持っている気がした。
自然の中に生きているから、自然に左右されるのがあたりまえ。
自然の中に生きているから、思い通りにことが運ばなくてあたりまえ。
そう思えるかどうかってとても大切なことのように思う。

今日は大雨ですから。
家族とおしゃべりしたり、ウトウトして過ごしちゃうくらいでいたいものですね。

RieBosque

|

« 代官山エコモーション | Main | フジロック »

Comments

今日は、大学のゼミのメンバーで東北に研究調査(という名目の旅行)へ出発!
の予定が、一緒に行く人が今日受けるはずだった試験が延期になって、東北へもあさって出発に変更になった。

ほんというと、ちょっと残念。

でも、そのおかげで明日いちにちゆっくり過ごせるなあ。

雨が降ったら、雨の日しかない楽しみがある。
予定通りに行くことがいいことだなんて、保障もないのに、
どうしてこだわってしまうんだろう。

明日がいい日になるといいなー。

Posted by: jun | 2005.07.27 at 01:25 AM

地震は結構揺れたらしいですね。ぼくは電車に乗ってたので全然気付きませんでした。
吉祥寺から中野まで2時間近くかかったので、「今日はやけにゆっくりだな」とは思ったんだけどね(笑)

これが通勤途中だったりすると、そうのんきに構えても居られなかったんだろうなあ。
都会で暮していると、自然によって生かされていることを忘れがちになるけど、そんな時も台風や地震は地球からのメッセージなんだと、謙虚に受け止められる自分でいたいです。

Posted by: akira | 2005.07.27 at 12:36 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77350/5168351

Listed below are links to weblogs that reference 自然のチカラ:

« 代官山エコモーション | Main | フジロック »