« May 2005 | Main | July 2005 »

June 2005

2005.06.25

「好きな日本」ってありますか?

8月4日は、箸(ハシ)の日です。

image-1
image


image-2

I potori オハシ ーあるハチドリからのお箸の感想ー

最近は外で食べる機会があまりなかったのですが、予備校通いで夕飯を外で食べるようになり、体のことも考えて豆腐を食べるようにしてます。そのときに毎度割り箸をもらったりしてたら…と考えたらぞっとしたので遅ればせながら今回購入させていただこうと思いました。よろしくお願いします。

箸は日曜夜家に帰ってたらすでに到着してました。どうもありがとうございました!マイ箸のデビュー戦は今日の昼の豆腐でした。今日も本当に暑くて、本来ならあまり食欲がわかなそうな日ですが、「昼は箸!」と決めていたから昼が待ち遠しくて仕方ありませんでした。豆腐を目の前にして箸を組み立てていくときのワクワク感。今日は自分の家で食べたから誰も見ていなかったけど、予備校で、颯爽と箸を組み立てて豆腐を食べ始めた時の周りの視線はさぞ気持ちのいいものでしょう!(単に人と違うことをするのが大好きだからというウワサもアリですが) 慣れの問題かもしれないけど、あの重量感もいいですね。箸を通して「食べ物を自分の口に運んでる」って感覚があってすごく新鮮でした。昨日、ゼミに持っていったときの回りの反応は「カッコいい」とか「はいはい」とかマチマチだったけど、僕は僕にできること、少しずつまわりに広めていこうと思います。以下、昨日のゼミでの一こまです。

〜ゼミでの一コマ〜
ゼミ生:「それ、何?」
俺:「(き、来た!待ってました!!)こ、これ?何だと思う?え、わかんない?正解は、箸でした〜(箸を組み立ててみせる)。いや〜、これからは法学部生といえども地球に優しくしないとね〜」
ゼミ生:「はぁ〜、なんだよ、それ〜(笑)」
俺:「(むっ)バカだな〜、これからはぜったいくるぞ。近いうちに、レオンとかで『今、デキるオヤジはハシが違う!』とかノンノとかメンズノンノでも特集されたりするぞ!!」
ゼミ生:「ない。絶対ない」
俺:「お前ら、世界的に有名な企業にいったりするんだから客にもそういうとこでアピールしてけよ」
ゼミ生:「はいはい・・・」

ち、ちくしょう・・・。でもまゆみさんもいってたんですけど、いつかほんとに「レオン」とかで特集してほしいな〜。

200506281452


I potori スイトウ。 ーあるハチドリからの水筒の感想ー

ハチドリ水筒、持ち運びのしやすさも最高ですが
ハチドリのシンボルに反応する人が多く
その度にクリキンディの話をして楽しんでいます。
僕もオーガニックフードを作っている方や造園関係のかたと協力して
関西で環境にメッセージをもった音楽活動をしています。
いまはまだ単発のイベントを組んで演奏しているだけですが
いずれはレーベル化して継続していきたいと考えているので
そちらの活動は楽しく参考にさせていただいいています。
また東京にも時々行くので遊びにいきたいと思います。

ハチドリ水筒,愛用します。どうもありがとうございました。

| | Comments (5) | TrackBack (2)

森林栽培

パトリシアがもっていた環境教育の教科書。さて、右の未来と左の未来、どっちを選ぶ?

hidari
migi

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.22

トセパンのはちみつ

image-3
森林栽培キャンペーンで来日しているアルバロとパトリシアが、私の喉(ちょっと今痛めている)に、と、トセパンのハチミツをくれた。朝、ハチミツレモンをつくって食べる。今日は水筒の中味を茶芸楽園の生態紅茶にして、このMEXICAN BEE HONEY をポトリ、していこうっと。亜

| | Comments (0) | TrackBack (0)

geshi-fes2005

http://geshifes.cultivaders.com/event.html
geshi0
geshi16
geshi13
geshi12
geshi11
geshi10
geshi9
geshi8
geshi5
geshi4
geshi3
geshi2
geshi1geshi20

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.06.20

キャンドルナイト

10時をすぎたのに、まだ消えているミニストップの照明。
image-1
「こっちも消してくれよう」と言って張り付いている国分寺駅前のサカサマバッタくん。
image-2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お父さんのいる森。

今日は父の日。

メキシコよりパトリシアさんとアルバロさんをお招きして、生活文化としての『森林栽培』(アグロフォレストリー)を考える「夜の森」、のイベントを開催しました。(詳しい報告は後ほどしますが)森林栽培という生産のデザインが持つ可能性はもとより、それを成り立たせる1)個人主義でない団結のちから、2)分かち合うことの歓び、3)本当の意味の豊かさ、などの秘密を知りました。それら「科学的でない」とされ軽視されてきた先住民の暮らしの知恵や態度が、アグロフォレストリーの森の周りには、生態系のように張り巡らされ、コミュニティー銀行や、フェアトレードという、新しい仕組みを形づくりはじめています。

知識や技術を教える、というだけでなく「真の気づきをもたらす環境教育」が大事だとパトリシアがいっていたのが印象的でした。アルバロは「メキシコにおいていちばん愛されているのが「母」という存在。先住民族はその母という存在への敬意を大地にも見いだしている」と話していました。そんなアルバロは最近お父さんになったそう。

夜の森から帰って、うちのお父さんと冷やし中華を作って食べました。その上に載せたのはきゅうりとハムとトマト。アグロフォレストリーとは、コーヒーだけでなく、パパイヤやアボカドや、胡椒や、材木や薬草などが一緒にとれ(ナワット族の場合、1haの森林農地に150の有用な植物があり、92%が在来種、商品作物は全体の8%程度、食物/薬/エネルギ−/材木/飾りや道具にするものが混栽してある)、きっと家族が一緒にいられる森です。アシモトニネヲハレ。

ハチドリ計画のwebがリニューアルしました!かわいいでしょ。

logo-1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.14

そうですね、終わるのさびしい。
普段なかなかお会いすることのない方たちと直接お話しできて、とても楽しかったです。
おもしろい出会い(人もものも)が沢山あって毎日わくわくした!
最終日は7時までですが、ぜひお近くの方は遊びにきてほしいなあ。そしてコーヒー飲んでいってください。
知り合えた方たちとまたどこかでお会いするのも、新たな楽しみです。

あと最近よく思うことです。
「わたしにできること」
それはとても小さなことに見えるかもしれないけど
でもその小さなことが
「わたしが できること」
「わたしだから できること」
「わたしたちが できること」・・
て、どんどんふくらんでいく気がする。
風船に最初のひと息をふきこめば、あとはするするふくらむみたいに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

種、うまっていました。

、6月4日のブログに書いた、植木鉢入りケーキ 、地中深くに"種"=アーモンド、入ってました。芽=ミントの葉っぱは、提案してみてくださるそう。どきどき。

image

有楽町阪急のソトコトLOHASワールドフェアでは、商品や、私どもと、普段は会えないお客様が出会えて、とても楽しいです。今日はアミーゴの竹内さんと一緒に、以下のような方々に会いました。

インタグのシルビアが編んだものばかり(カブヤ製品には一つひとつ作った人の名前があるので)黄色い糸を使った水筒ホルダーの3つの柄を迷って、エコバッグも、シルビアのにしようとしていた女性。ピープルトゥリーの服も買われて、嬉しそうでした。

レインボーマフラーを巻いてエクアドルを旅をする話をしたら、一緒に旅行に行く友達(男の子と女の子)の分も、3本かってくださった女性。iBuen viaje! 3人旅でレインボー巻くなんて、楽しそう。

それから、鍼灸師の若者。手にいつも鍼を持って感覚をきたえていらっしゃるようで、鍼(とがってない)を棚に置いて商品をみていらっしゃった。インタグ医療プロジェクトや、エクアドルエコツアーにも興味を持っていらした。

まだまだ沢山。面白かったなあ。ありがとうございます。みんなの家でコーヒーが美味しく、カブヤが活躍する夏になるといいな。明日で終わりは、ちょっとさびしい。ね、まゆみさん。


rainbow_a1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.13

キャンドルナイトは、GeshiFes2005に参加します。

shizu

GeshiFesFlyerA5typeA

SWcの低速キャンドルナイトは、

6月19日
森林栽培のイベント、「夜の森」@カフェスロー

6月21日は、代々木公園のフリーコンサート に、よーんな(西表のことばでゆっくりって意味)カフェ&雑貨出店します。エクアドルのウノルカックの蜜蝋ロウソクをもってハチドリもぶんぶん飛びます。代々木の夜空の下でのJuneさんのロウソク、とても楽しみです。

みなさんにお会いできたら嬉しいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.11

ケイタイといえば、ムーヴメント参加者募集

きのう、コーヒーをパック詰めしていると(今日有楽町阪急ではコーヒー焼きたてです!)、いきなり、ゆりかさんがこう言った。
「ねえ、今の時代、ケイタイって言うと携帯電話のことじゃん?ケイタイって言えば(携帯しているマイ)お箸のこと、というようになったらすごくない?!」
その粋なビジョンに大興奮したけど、もしかすると、そんな日本もありえたんじゃないか、と思った。
「今日ケイタイ(箸)忘れちゃってエー」「えーまじ?それ困るんだけどお。」「あいつーケイタイ(箸)持ち歩いてないらしいよ。」「なにそれ、ありえなくなーい?」「キャー、XXちゃんのケイタイ(箸)かわいーい。真似していい?」「ほらっ、ケイタイ(箸)忘れてるわよ!」「車内にケイタイ(箸)のお忘れ物ございませんよう...」「わるいっ、ケイタイ(箸)貸してくんない?」
そんな日本、作れそうな気もする。私たちは昨日からマイ箸やマイ水筒を「ケイタイ」と呼びはじめてみることにした。これを読んでくださった方、一緒にどうですか?電波、入ってる?
SWcの「ハチドリ印ケイタイ」はこちら。
mamori

| | Comments (3) | TrackBack (1)

2005.06.10

チムチムニー

カフェスローの前田くん、焙煎機の煙突掃除ありがとう!

image

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.08

東京エコツアー

noji3

西表島から、のーじが来ていた。島の草木を使って、ぞうりや柄杓などの民具を作るのーじは公民館長、村の子供たちの人気者。ナマケモノのエコツアーで、毎回お世話になっているのだが、SWcにはハチドリ印魔法瓶ほっそりに合う、アダンの根っこの水筒ホルダーを作ってもらっている。それをwebサイトでも紹介することになるので、その打ち合わせもかねて、SWc-amigoの、じゅんちゃんやあこちゃんと待ち合わせをしていた。

約束の時間によーんな遅れて、やっと現れたのーじは、東京の騒がしさに疲れることも、私たちの待ちくたびれ度にひるむこともなく、なんだかキラキラしていた。目的のお店まで歩こう、道路ばかりで疲れるだろうから錦糸公園を通ろう、と決めて歩いていると、のーじが立ち止まって何かを指差した。

はじめ建築中の高層ビルに驚いたのかと思ったが、のーじの指の先にあったのは、もっと手前の、公園の片隅で、忘れられたようなシュロ(多分)の樹だった。「あれでハブなんかできるかねえ?」。

はっとした。ずっとこの町に住んでいたけど、そんなこと、考えてみたこともなかった。その一言で、私たちの身体つきは、一気に西表の子供みたいになった。それはもう魔法。もう、打ち合わせなんてあとまわしだ。「のーじ、一枚とって、やってみようよ!」。

noji4_

のーじは、森に入るときのような軽い足取りで、花壇に入って、はさみなしで大きな葉を一枚とった。都会の公園にはよく、「草木をとってはいけない」と書いてある。でも例えばその樹は、上にある葉っぱを少しはらってあげないと下の葉っぱが出てこれなくなっている、とのーじは言った。西表島の、民具に使うような樹々もみんな灌木や下草なので、人間が森に入らなくなった最近では、大木の下で陰になって、とても少なくなってしまっているそうだ。

私たちは桜の樹の下に座って、島で習った風車や、魚、カエルや、バッタも作った。そのあいだ、家族のことや、西表の子供や、東京の公園の農薬の話をした。心地よい風が何度か吹いた。日が落ちるまでの間、だんだん暗くなる空を感じるのは久しぶりだった。のーじは、展示会とワークショップにいってきた鎌倉のことを、とてもほめていた。「ちょっと山に入ると普通にアカメガシワが沢山あるでしょ」。「子供たちはすごいよ。できないかなあ、と思ったらすぐに覚えて他のものも作りたがる」のーじの眼で日本を縦断したら、相当、楽しそう。アシモトニネヲハレ。

noji1
noji6
noji7
noji8

日がくれるまで手を動かして夢中でおもちゃを作った。「おもちゃは、親が子供に与えるものだと思っているでしょ?そうじゃなくて、みんな、自分で工夫しながら、材料を分け合いながら、作るもんなんだよ。そこで、いろんなことを覚える。」「西表で材料を探してのーじとカゴや箸を作って楽しかったけど、土地土地で、そこにあるもので何かを作ってみるって素敵なことだね。」「そうして違う土地に住む子供どうしで教えあえたらいいのにね」。

容赦なく空を隠すビルの谷間を、生まれたばかりのカエルがゆっくり登っていった。

noji2

PS のーじお手製の水筒ホルダーの登場、楽しみにしていてください。

noji0

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.06.06

阪急ソトコトLOHASワールドフェア:カラカラ

image
riji_ami3
toji

書類も入るしっかり鞄、ぷっくりしたショルダーバッグ、そして小脇に抱える小バック。
麻袋の赤や緑のマークや数字がよい感じで入っている。作りはしっかり、内側も使い勝手よさそう。
実はこれ、SWcでコーヒーを焼き終わった麻袋を使って制作したもの。素朴な素材を小粋なデザインでお料理!
作家さんは山本和代さん、プロデュースSWc-amigoの太田まゆみさん。長年バッグや服、雑貨の販売をしてきたふたりが、お客様や作る人に「こういうモノを、こう届けたい」という思いが形になったバッグ。名付けて、カラカラ 、顔と顔のみえる"cara a cara"(スペイン語で顔と顔)。空(から)になってから、また息を吹き込まれたからカラカラ。エクアドル生産者のカブヤ編みのバッグや、麻袋の中身だったコーヒーと並び、響き合って光ってます。

今日は和代さんがいらして、他の商品の感想をくれました。やっぱり食いしん坊なんだ!!!
夕食後にさっそくホワイトチョコとコーヒーいただきました。
パッケージにハサミを入れた瞬間の香ばしい薫り!!
コーヒーってこんなに美味しかったの?!と驚きました!
鼻を抜ける薫りと深い味わい、後味もスッキリで…
私、今まで一貫して‘紅茶派’で通してきたけど、撤回しようと思います!これからは、‘どっちも派’で!笑
両親がコーヒー党なので、14日に買って帰って送ろうと思ってます。
コーヒーの美味しさもさることながら、ホワイトチョコがまたまた美味しくて!
濃厚なのにクセがなくて、フレーク具合もちょうどいい!私、ホワイトチョコをこんなに美味しいと思ったの初めてかも。私としては、あとレーズンが入ってるとさらに最高ですが。
って、食いしん坊なので食に関してばかり熱く語ってしまいますけど…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.04

阪急ソトコトフェアでハチイリ!

uekibachi

阪急のソトコトフェアで一緒のこのおねえさんは、植木屋さんではなく、ケーキ屋さん。
植木鉢のまま、ケーキを焼いて、植木鉢のまま売っているんだって。なんて素敵なそのアイデア。
食べ終わったら、そこに土を入れる。芽が出て、花が咲くかもしれない。ならば何個たべてもいとおかし?勝手な妄想だけど、ケーキを3cmもぐった所にアーモンド(種)、ケーキの上にはミントの葉(芽)が載っていてもいいかも。想像も膨らむ、ふんわりケーキ。美味しそうです。ナマケモノコーヒーと一緒にいかが(ちゃっかり)?都立大学前にある、found-cakeというお店からの出店だそうです。詳しくはまたあとで。(まゆみさん、頼んだ!)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.06.03

レージーバッグ

bag_2

阪急のフェア準備の朝、クラブキングのマザーディクショナリー 担当、桑原さんと新堀さんもいらしたので、しばらく手を休めお互いの商品を見ていた。お2人とはmother candle night という気が向いたらいつでも、毎日でもキャンドルナイトをやってみる呼びかけ企画を一緒にさせていただいたのがご縁。以後色々とお世話になっているが、お2人の企画や子どものお話や佇まいを見ていると、「はやくお母さんになりたいかも」と思う。だから商品も気になる。今回出品されているエコナプキンも「3つのしつもん」 の本も素敵だ。

そして、お2人がSWcの植林用バッグをみて、同時にヒトコト
「これって、スーパーのカゴにそのまま入るやつ?」。

植林用バッグ、と名付けたカブヤの四角いバッグは、里山のかけらみたいな緑化キューブ「5×緑」を入れるために作ったものだった。でも四角い形といい、その大きさといい、スーパーのカゴにぴったりなのだ。

bag8

お2人が言ってたのは、このレージーバッグ!スーパーの買い物カゴにぴったりなサイズなので、カゴにそのままレージバッグを入れてレジで清算。スーパーの袋はもう不要、というもの。

いわれてみればそんな風に使えるかも、と、早速帰りに、24hスーパーに行って試しにお買い物。精算時、移し替える方のカゴにあらかじめ植林用バッグを入れて置くだけ。移し替える手間が省けて、なるほど、lazyなナマケモノバッグです。またすぐに買い物に行きたくなりました。普通に持ってもお洒落な植林用lazyバッグは、今の所数量限定生産なので、webにはあげていませんが、有楽町阪急のソトコトフェアで販売中です。桑原さん、新堀さん、アイデアとインスピレーションをありがとうございます!

bag2

bag3

bag4

| | Comments (9) | TrackBack (3)

キャンドルナイト

もうすぐ夏至、キャンドルナイト
どんなに明るい都会の夜にも、暗闇はやってくる。
ほんもののまっくらみを、身体にまとおう。

roku
nana
yon
go

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ソトコト・ロハスワールド・フェア

6/1〜14まで、有楽町阪急デパート1階で開催されるロハスワールドフェアに
今年もSlowWatercafeの商品が並びます!
 今回は、私たちがコーヒーを焼き終わって空になった麻袋で、鞄作家さんが一つひとつ手作りした素敵なバッグ、カラカラ(cara a cara)のシリーズも、お目見えです。

南米エクアドル4つの森からのフェアトレード、
美味しいオーガニックコーヒーとチョコレート。
サイザル麻カブヤの手編みシリーズに新しく加わったガーデニングラインや、
不思議な象牙やしタグアのアクセサリー。オーガニックコットンTシャツ。
使い捨てを減らす、ハチドリ印の魔法瓶や携帯用のお箸、エコバック、冊子。

住所:東京都千代田区有楽町2丁目5番1号 電話:03-3575-2233
営業時間:月曜・火曜・土曜 あさ11:00→よる8:30
     水曜・木曜・金曜 あさ11:00→よる9:00
     日曜・祝日 あさ11:00→よる8:00

1F イベントスペース:(03) 3575-2270
http://www.hankyu-dept.co.jp/yurakucho/map_files/map.html

【ソトコト・ロハスワールド・フェア】
http://www.hankyu-dept.co.jp/yurakucho/info/1f.html

◎14日(火)まで

6月の環境月間に合わせ、雑誌「ソトコト」の提案する健康と環境に配慮したライフスタイル「LOHAS」。ストイックなエコではなく、都市生活をエンジョイしつつエコロジーを意識する、そんな働く女性達のために様々なジャンルのエコグッズを雑誌「ソトコト」のセレクトで提案。

毎日を快適にするアロマグッズ、身体にいいだけでなく美味しいスイーツ、シャンプーやソープなどの生活用品、可愛くて役に立つエコグッズなど日常に小さな「LOHAS」の幸せをもたらしてくれるグッズがラインアップ。

swc99←cara a cara シリーズ


swc999←カブヤヨガマット入れ
swc9999
swc99999
swc


yuk9←兄弟会社のゆっくり堂も出てます。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

« May 2005 | Main | July 2005 »