« お見送り | Main | アースデイをSlowDownWeekに。 »

2005.04.03

コカコーラ VS フルーツジュース

 私は、現在南米の太平洋側、赤道直下に位置するエクアドルに住んでいる。

 私は、ここエクアドルにおける自然環境を守る人たちがつくる環境に負荷を与えない森林栽培のコーヒーや、エコロジカルな手工芸品をフェアトレードで、日本にお届けするお手伝いをして、日々生活を送っている。

 実際に住んでいるとフェアトレードと関係のないことの方が多いのだけれど、日々、フェアトレードのことを考えさせられる。

 私のパートナーは、地元でパン屋さんを営んでいるのだが、パン屋さんを開くとき、「コカコーラ」を売るか、売らないかで言い合いになった。そこらで採れるモラ(ブラック・ベリー)やバナナのジュースの方が数倍おいしいし、新鮮だし、体にいいし、巨大多国籍企業のコカコーラをどんなに小さい規模だとしても儲けさせてどうする!と思って、パートナーに私は言った。「コーラとかは売らないで、フルーツ・ジュースだけにしようよ。」しかし彼はこう言う。「ほとんどの人は、おやつ代わりにコーラを飲んで、パンを食べるんだ。いや、むしろコーラを飲みたいがために、パン屋に行って、コーラを買って、ついでにパンを買うんだ」と。

 あまりオプションの存在しないこの国。人々の舌は、コカコーラに侵されてしまっている。その背後にある大企業の戦略に、彼らは気がついていない。この国、おそらく南米のほとんどの国において、この大企業の戦略は大成功した。侵されたのは人々の舌だけでなく、地元企業もだ。もともとエクアドルにあったソーダ類の会社はすべてコカコーラ社に買収され、今や一社も残っていない。多分、人々にコカコーラ社という巨大企業の搾取の歴史やコカコーラが人体に与える悪影響を話してもあまりぴんとこないのだろう。

 フェアトレードとはなんだろう。それは「先進国」の消費者が「途上国」の生産品に支払う価格が公正であるということのみではないと私は思う。逆に「先進国」から「途上国」に売られるものもフェアトレードでやることも可能なはずであるし、それもフェアトレードであると言えるのではないだろうか。「先進国」の生産者と「途上国」の消費者という構図は描きにくいが、「先進国」の企業が「途上国」に参入するケースはたくさんある。そういった場合、地域の消費者や地元の従業員、そして地域社会を尊重するやり方を施行している会社はどれだけあるのだろうか。コカコーラ・ボトラーズを考えると、決してフェアとは言えない局面が多いのではないだろうか。

 ちなみに結局、パン屋はどうなったかと言うと、折衷案として、使い捨てプラスティックボトルのコカコーラは売らないけど、瓶ボトルのコーラは売る、そしてフルーツのジュースも、ということになった。そして現状は、瓶ボトルのコカコーラに軍配が上がっており、次点はプラスティックボトルのコーラである。(ちなみに売っていなくても、使い捨てボトルのコーラはありますかと多々聞かれるらしい。)さまざまなおいしいエクアドルのフルーツよ、巨大企業コカコーラに負けるな!!

|

« お見送り | Main | アースデイをSlowDownWeekに。 »

Comments

エクアドルの生ジュースは本当においしい。
あんなにおいしいジュースを、つくって飲む習慣が当たり前にある彼らの生活は、豊かだといつも思います。
”豊かさ”はその土地によって違うはず。それを全て同じものさしではかれて当たり前という考え方は、人間の文化の豊かさを奪っていくような気がしてなりません。

いやはや。

Posted by: Yurika | 2005.04.05 at 03:41 AM

でも、「コーラを買いに!」お店に入ってくる人に、オーガニックな食べ物の美味しさを思いださせることができたら、それもいいよね。

Posted by: ami | 2005.04.05 at 10:11 AM

ごみ箱にごみを捨てる習慣があまりないエクアドルの人達はやたらとごみをその辺に捨てる。
ビンボトルにして、コーラを飲みに来る人たちがごみを捨てる行為をしないだけでも、いいなと思います。
鉱山開発のようなわかりやすい「破壊」ではなくても、先進国企業は文化の「破壊」をしていると思いました。

Posted by: rie | 2005.04.05 at 12:56 PM

地域の持つ文化や環境の素晴らしさは、一度そこを離れて見ないとなかなか分からないものです。
ぼくの田舎でも海も山もコンクリートで固められ、地域の商店は姿を消しコンビニやスーパーが増えています。海も川もゴミだらけ。でも地元の人たちはいたってのん気なんです。
美味しさ、楽しさ、美しさを掘り起こし、思い出すことで少しずつ変わっていくしかないのでしょうか。
ただ「先進国」で暮す人間として、公害や公共事業の輸出、文化の破壊を許してしまっている責任は重いと思います。

Posted by: akira | 2005.04.05 at 02:46 PM

地元の伝統音楽より、
外国のダンスミュージックに憧れたりするのと、同じなのかなぁ。

僕は、モラジュースが飲みたいよ。

愛知万博に行ったushimaは、「エコロジーがテーマなのに、ファーストフード店が園内にあったりして、それっちなん?って感じ」と言ってました。

Posted by: soso | 2005.04.08 at 02:33 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77350/3541492

Listed below are links to weblogs that reference コカコーラ VS フルーツジュース:

« お見送り | Main | アースデイをSlowDownWeekに。 »