« パン屋の苦悩 | Main | 「こんなもの、アメリカ製じゃない!」 »

2005.04.14

届いた!

エクアドルから雑貨が大きな大きな段ボールで8箱届いた。その受取りに、成田空港に隣接している税関へ出掛けた。初めてだった私は、色々なものが興味深くきょろきょろしていると、車にひかれそうになる。普段は通関代行業者さんはじめ慣れている人たちが多くで入りする場所であろう。建物の場所を示す札は限りなく少なく、初めての人には右も左もわからないだろう場所だ。貨物を運びせわしく動く小型の車は触覚みたいな鉄の棒がでて、なんだかスターウォーズの世界みたいだし、車が人をまったく待たないところなんて、エクアドルみたいだ・・・

まずは貨物会社に行き運送料金を払う。その後、税関に行く。ここからが大変。15cmぐらい分厚い税番帳から今回輸入した雑貨にひとつひとつ当てはまる税番をさがす。そしてそれぞれの関税率をピックアップ。カテゴリーがたくさんあって、読んでいるのは日本語のはずなのに、どれに当てはまるのかはよくわからない。税番を探し当てたあとは、重さを運送費で割って○▽×☆・・・。おっと途中で倉庫に行って一度荷物を確認しなければならない自体に・・・えーと倉庫はどこだっけ、え、結構遠いね、でも急ごう・・・移動中、見て!あんな大量のオクラ!アスパラ!新鮮?自給率?とか色々なことも頭をよぎる。 
朝の10時すぎから夕方5時まで・・・。税関の心優しい方々に教えられ助けられ、何とか関税・消費税・地方消費税を計算し、支払うことができた。また倉庫へもどる。倉庫代を支払い、運送会社を紹介してもらう。夕方六時過ぎ。何とか無事国分寺へ出荷される荷物と運転手さんを見送れた・・・
使っている時間のことを考えると、効率の悪いことしてるなぁとも思う。しかし、エクアドルのあの山で、あの空間と時間の中で産まれたものが、空を渡って、地球の裏・日本のここに運ばれて、こんな手続きを踏んで、こんなところで少しの間保管され、わたしたちの手元に来る。
この流れが知れて良かった。
さぁ、次は、この雑貨を愛してくれる方々の手元へ!

|

« パン屋の苦悩 | Main | 「こんなもの、アメリカ製じゃない!」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77350/3696517

Listed below are links to weblogs that reference 届いた!:

« パン屋の苦悩 | Main | 「こんなもの、アメリカ製じゃない!」 »